地域の先生方へ大切なお知らせ

新病院になり、医療連携方式が一部変わります!

県立尼崎病院と県立塚口病院の統合編成にて、運用が新しく変わったこと、あるいは、片方の病院に合わせた運用が、幾つかありますのでご紹介します。

救急患者さんの受入れ対応部署は、【救命救急センター】と【地域医療連携センター→通常の一般外来】の2通りに分かれます。

【救命救急センターでの対応患者さん】
  • 救急車搬送を必要とする患者さんの場合
  • 救急車搬送ではないが、地域医療機関にて救命救急センターでの診療が必要と判断した患者さんの場合

依頼時には、必ず、Dr to Drでの電話対応になります。あらかじめ通知させていただきました医療関係者専用連絡番号へご連絡ください。
介護施設・在宅療養中の患者さんにおける依頼時も、その施設担当医師にご連絡の上、担当医師からの救急救命センターへの緊急依頼となります(看護師・ケアマネからの依頼はお受けしません)。

診療予約票が、「外来診察依頼票」と検査種別ごとの「検査依頼票」2種類となります。

目的によって、使い分けてください。

CT検査・MRI検査の予約時には、必ず、患者さんの基本情報(チェックリスト)を伴った検査依頼が必要となります。

 
情報記載漏れのある場合や適応基準にはずれた場合には、予約を取ることができません。

事前の診察予約時の診療情報提供書の添送は、個人情報の漏洩の観点から不要です。

ただし、当院担当者が必要とする際には、診療情報提供書の事前提供をお願いすることもあります。また、当日の緊急での診察依頼時には、電話連絡とともに診療情報提供書のFAX提供が必要です。

”紹介”・”逆紹介”を重視した医療連携(患者さんの診療情報の共有化)を目指します。

必ず、紹介状を作成し、患者さんをご紹介ください。
緊急でない患者さんでは、地域医療連携センターを介した事前予約をお願いします。

皆さんの診療時間帯に合わせ、”外来診察・検査の予約受付”の時間を延長します。

《受付時間》月〜金曜日:午前8時45分〜午後7時30分
      土曜日:午前8時45分〜正午
      日曜日・祝日:休み(FAXは、24時間対応)

地域医療連携ネットワークのICT化を推進させます。

h-Anshinむこねっとを積極的に利用し、診療情報の共有化を図ります。
※詳細は、h-Anshinむこねっと事務局へお問い合わせください。
Tel. 06-6422-6510    ホームページ http://www.mukonet.org

充実したセカンド・オピニオン外来、地域医療連携支援病院としての機能(県立尼崎病院からの継続)