高度難聴人工内耳外来
 

高度難聴人工内耳外来のご紹介

診療内容・特色

当院では、補聴器を使用しても言葉が聞き取れない方に対して、人工内耳埋込手術を行っています。この治療は、厚生労働省の基準を満たし、認可を受けた限られた施設のみで行われるものです。

成人

成人の難聴者の方は、両耳の聴力レベルの平均がともに90デシベル以上(身体障害者手帳3級以上)の方が対象です。この基準に達しない方でも、言葉の聞き取りの程度、補聴器の効果の程度によっては、対象となる場合がありますので、かかりつけ医の先生にご相談いただいて、当外来にご紹介いただくか、耳鼻咽喉科一般外来を受診していただき、対象となるかどうかの診察・検査を受けていただく必要があります。

小児・乳幼児

小児、特に乳幼児期からの難聴者の方は、成人と異なる聴力検査を行う必要があります。また、聴力以外に言語を含めた発達の状態を評価する必要があります。当院では、当外来および耳鼻咽喉科言語外来と共同で、それらの評価を行います。また、人工内耳の対象となる場合であっても、最初は補聴器を使用してその効果を見る必要がありますので、当院のほかに、専門の療育施設と連携して、聴覚・言語その他の発達を評価していく必要があります。かかりつけ医の先生に、当外来にご紹介いただくか、耳鼻咽喉科一般外来を受診していただくか、ご相談ください。

検査

検査は、人工内耳手術の対象になるかどうかのほか、埋込手術が可能かどうか等についても受けていただく必要があり、それらの検査を総合して、手術の可否を決定します。結果により、手術を受けていただけない場合もありますことをご了承ください。

治療費用

治療費用は、健康保険が適用され、高額医療補助の対象となります。また、聴力障害の身体障害者手帳を取得されますと、自立支援医療(更生医療、育成医療)の対象になりますので、所得に応じた補助を受けることができます。