看護部

『患者さんに笑顔を届ける』兵庫県立尼崎総合医療センター 副院長兼看護部長  三浦 智恵 挨拶。

 

令和2年は年明けから新型コロナウィルス感染症の脅威が現実となり、当院では3月から患者さんの受け入れが始まりました。

看護部ではICT(感染制御チーム)から情報提供や支援を受けながら、重症・中等症の病床をフル稼働し受け入れを進めてまいりました。新型コロナウィルス感染症の患者さんを受け入れる看護師は感染防止対策を行いながら重症肺炎や急性呼吸不全に対するケアに努めました。新型コロナウィルス感染症の患者さんのケアには多くの看護師が必要となるため、感染の波が高まるたびに他の部署からの応援で人員を調整することを繰り返し、看護部一丸となりしなやかにそして力強く取り組みました。

今後も感染の波は続くことが想定されますが、感染症だけでなく救急医療、周産期医療、がん・脳卒中・急性⼼筋梗塞・糖尿病等の専門医療を提供する上で、社会から看護師への期待は高まっていると感じます。看護部はこれまで通りエビデンスに基づいた確実な実践に努め、さらに良い看護に挑戦することに努力してまいります。

看護部の理念は、患者さんを笑顔にすることです。看護の力で 患者さんの笑顔を見られることは看護の醍醐味です。患者さんやご家族が「この病院を選んでよかった」と思っていただけるように日々研鑽していきたいと思います。

副院長兼看護部長
三浦 智恵
看護部参事
大西 美樹
看護部参事
宮原 明美
看護部次長
村居 千絵
看護部次長
西村 佳子
看護部次長兼医療安全課長
池村 忍
看護部次長
武本 かおり
看護部次長兼看護師長
谷井 奈保子
看護部次長兼看護師長
吉見 朋子