部署紹介(中央部門)

手術室

当院は、19室(バイオクリーンルーム2室、ハイブリッド室1室)の手術室を有し、最新の医療機器を導入しハイブリッド手術やロボット支援手術をはじめ、最先端手術も行っています。総数65名のスタッフで24時間、緊急手術にも迅速に対応出来るにしています。また、麻酔科による術前外来が行われた後、手術看護師も入院前から術前説明を行い、安全に手術を受けていただけるよう手術前から患者さんに寄り添った看護が提供できるよう努めています。

透析室

透析室では、腎機能障害による透析導入や血液透析、腹膜透析、その他血液浄化療法の看護を行っています。医師、看護師、臨床工学技士をはじめとした多職種で連携を図りながら透析治療を受ける患者さんが安心して透析が受けて頂けるように心を込めた看護の提供に努めています。

入院調整(ベッドコントロール)

入院が必要な患者さんが安全で安心して入院できるよう各診療科医師・看護師長と連携をとりながら、入院ベッドの決定を行っています。診療科を超えた空床の活用や連携がとれるよう、リアルタイムで迅速なベッドコントロールを行い、より多くの入院受け入れベッドを確保し、患者さんのニーズに応えられるよう取り組んでいます。

地域医療連携センター

地域医療連携センターでは、退院調整看護師、社会福祉士、精神保健福祉士、事務職員が在籍しており、外来・入院にかかわらずご相談をお受けしております。支援する上で、患者さん・ご家族の今後の療養に対する希望を伺い、可能な限り希望に添えるよう、在宅や転院などの調整を行っています。お困りのことがありましたら、お気軽にご相談にお越しください。お待ちしております。