部署紹介(病棟)

11階東病棟

11階東病棟は、消化器内科の病棟です。疾患としては、消化管出血や胆石症、消化器科がんが多く、内視鏡下や放射線透視下での検査・治療や化学療法・放射線療法などが行われています。また、症状コントロールなどの緩和ケアも行っています。急性期からターミナル期までに関わる看護師として、その時期にあった看護ケアを提供し、安心して医療を受けていただけるように心がけています。当部署は、相手を思いやる優しい心を持つ風土があり、人間関係が良好に保たれています。看護師一人ひとりがのびのびと個性を発揮しながら働いています。入院という、人生における大きな出来事に直面され、心身共に苦痛を少しでも取り除けるように、チーム一丸となって努力しています。

11階西病棟

消化器外科の病棟です。手術や化学療法などの治療を受ける患者さんが1日も早く回復されるよう、医師・薬剤師・理学療法士・作業療法士らと協働しながらチーム医療を推進しています。人工肛門を造設された患者さんには退院後の不安等に対して相談にのることができるようストーマ外来と連携し、病棟看護師も継続した関わりが出来るようにしています。急性期から慢性期まで幅広い看護を行い、退院後のセルフケアに向けてサポートし、患者さんの思いに寄り添った看護を行えるよう取り組んでいます。

10階東病棟

血液・腫瘍内科、整形外科の混合病棟です。急性期から終末期までを対象とした患者さんが入院されています。清浄度が高いクリーンルームを12床完備しており、同種移植、臍帯血移植の治療実績を伸ばしています。血液内科の治療は長期入院になることが多く、患者のアドヒヤランスに応じ、セルフケア指導やメンタルケアに日々情熱を注いでいます。私たち看護師は、ほんわかした雰囲気のスタッフが多いですが、看護を語らせると熱いスタッフばかりです。「One For all、All For One (1人はみんなの為に みんなは1人の為に)」をスローガンに、ハートフルな看護を提供できるようにしています

10階西病棟

整形外科病棟である10階西では、股関節・膝・肩の人工関節手術、脊椎疾患、腱板断裂の予定手術に加え、交通外傷や転倒による外傷性骨折など緊急入院される患者さんの周術期に関連する看護を主に行っています。手術後はADLの低下が余儀なくされるため、看護師・医師・リハビリ等の多職種と連携を図り、ADLの拡大・維持はもちろん、患者さんが目的とする姿に近づけられるように看護を行っています。退院後の生活に向けた実践的なリハビリが必要な患者さんに対しては、早期から退院調整担当者と連携を図り患者さん個々に適した療養環境の調整を行い、安心して在宅へ帰れるよう入院時から退院後の生活を視野に介入を行っています。スタッフ一同、安全安楽を基本にワンモアの気配りの看護が実践できるよう日々努力しています

9階東病棟

9階東病棟は、呼吸器外科・呼吸器内科・消化器内科・ER総合診療科の混合病棟です。呼吸器疾患で手術を受けられる方の術前術後のケアや、呼吸器・消化器疾患で検査や治療を受けられる方のケアを主に行っています。外科・内科混合病棟のため、様々な知識や技術を持ち、患者さん中心の安全で安心な看護が提供出来るように日々取り組んでいます。笑顔のあふれる病棟を目指し、患者さんが1日でも早く回復されるよう看護させていただきたいと思います。

9階西病棟

9階西病棟は呼吸器内科病棟で病床数は42床です。呼吸器内科疾患は肺炎や気管支炎などの急性感染症、気管支拡張症などの慢性感染症、肺がんや悪性胸膜中皮腫といった腫瘍性疾患、気管支喘息や肺気腫、間質性肺炎などのびまん性肺疾患を有する患者さんが入院されています。1泊2日の気管支鏡検査や在宅酸素導入、化学療法、放射線療法を受ける方やターミナル期の患者さんが入院されています。ターミナル期における患者さんや家族の思いを尊重し、QOLの向上にむけ緩和ケアチームと連携をとりながらケアをおこなっています。スタッフ一同、笑顔を忘れず患者さんやご家族の方に信頼され、安全・安心・安楽な看護が提供できるよう努めています。

8階東・中病棟

こんにちは!8階東・中病棟を紹介します。8階東病棟は泌尿器科、乳腺外科、婦人科・耳鼻科からなる41床の病棟です。主な治療は、手術・抗がん剤治療・放射線治療です。急性期から終末期医療までの患者さんが入院されており幅広い治療が行われています。8階中病棟は2類感染症の患者さんを治療する、病床数8床の病棟です。隔離を余儀なくされた患者さんに、少しでも快適に療養生活を送っていただけるよう、全室に大きな窓が付いており夜は夜景がきれいです。看護師は、経験年数豊かなベテラン看護師からピチピチぴよぴよ新人看護師まで・・・こちらも幅広いですが、患者さんに一歩でも近づき、心に寄り添った看護ができるよう日々努力しています

8階西病棟

眼科・ER総合診療科・膠原病リウマチ内科・皮膚科の混合病棟です。眼科では、高水準の手術を毎日行っており、ERでは原因不明の意識障害や感染症など様々な疾患や症状の患者さんを受け入れています。また、皮膚科では皮膚潰瘍や蜂窩織炎などの疾患により継続した治療や検査を行う患者さんが多く、膠原病リウマチ内科では原因不明の発熱や全身に及ぶ苦痛症状を抱えた患者さんを受け入れています。このように、幅広い看護を求められますが、大きな不安を持って入院される患者さんに丁寧な説明と穏やかで明るい対応を心がけています。「この病院を選んで良かった」と思って頂けるような看護を目指し、チーム一丸となって日々奮闘しています。

7階東病棟

7階東病棟には、神経内科35床・口腔外科5床と、アイソトープ(RI)の治療室が1床あります。神経内科では脳梗塞の他、パーキンソン病や筋萎縮側索硬化症(ALS)などの神経難病の患者さんが入院されています。医師や薬剤師、様々なリハビリ療法士や、地域連携室・難病センターなど、多職種と連携を取りながらチーム医療を行っています。また、「ときの間」という患者さんの憩いの場も提供しています。不安のある患者さんに寄り添い、安心して治療を受けて療養生活を送って頂けるよう、スタッフ一同で取り組んでいます。

7階西病棟

7階西病棟は脳神経外科、耳鼻咽喉科、形成外科の合計41床の混合病棟です。手術・化学療法・放射線療法を受けられる患者さんが多く入院されます。患者さん一人ひとりが安全・安楽で安心して治療が受けられるように心に寄り添った看護を目指しています。また、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・退院調整看護師・医療ソーシャルワーカー・コメディカルスタッフなどが一丸となったチーム医療に取り組んでいます。

7階西SCU

SCU(脳卒中ケアユニット)は、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の患者さんのための専門病棟です。脳卒中は発症早期の治療やリハビリテーションがその後の回復過程を大きく左右するといわれています。発症4.5時間以内に行うt-PA治療、脳血管内治療、開頭手術等から、リハビリテーション、退院支援までを、発症直後より、医師・看護師・リハビリテーション療法士、MSW・薬剤師・栄養士等の多職種で連携しチーム医療を行っています。患者さんを生活者としてとらえ、持っている力を最大限活かせるように、患者さん、ご家族のこころに寄り添い安全で、質の高い看護の提供に努めています。

6階東病棟

循環器内科、心臓血管外科の病棟です。狭心症、心筋梗塞、心不全、動脈瘤、不整脈の患者さんを対象としています。心臓カテーテル検査、冠動脈治療の件数が多く、胸・腹部動脈瘤のステントグラフト術や不整脈の高周波心筋焼灼術も行っています。循環器疾患は退院後も症状悪化を予防できるよう自己管理が重要となります。薬剤師、栄養士と連携を取りながら服薬指導、栄養指導など日常生活指導を行っています。患者さん、ご家族の方が主役になるためにチームワークを発揮して迅速な対応、安全で心のこもった看護が提供できるよう努力しています。

6階西病棟

6西病棟は、腎臓内科16床、糖尿病・内分泌内科16床、循環器内科9床の混合病棟です。入院される患者さんは、腎不全、心不全、糖尿病などで生活習慣において自己管理を必要とし、退院後も安心して日常生活が送れるように、患者さんやご家族への指導や教育が重要となります。そのため、栄養士や薬剤師、理学療法士などの多職種と連携を図り、互いの専門性を発揮した質の高いチーム医療の提供に努めています。そして、自宅で安心して療養生活が送れるように、患者さんの心に寄り添った看護を目指して日々研鑽しています。

5階東病棟

5階東病棟は、小児救急病床6床を含む41床の病棟です。乳幼児から15歳までの小児一般、血液内科、小児外科、小児循環器、耳鼻科、形成外科など、治療や手術を受ける全科のお子さんが対象の病棟です。それぞれの病態に合わせた看護ケアの充実を図り、お子さんとご家族が安心して、入院生活を送ることができるよう、日々みんなで学習を重ねています。また、念願のプレイルームが新設され保育士2名の配置により治療を受けながら、発達段階に合わせた集団保育も行われるようになりました。子ども達の笑顔や瞳の輝きが続くことを願いながらスタッフ一丸となり、優しく丁寧な看護を目指していきます。

5階西病棟

5階西病棟は、精神身体合併症を持つ患者さんを受け入れる病棟です。精神科経験のあるスタッフを始め、各科の看護経験を発揮できるスタッフで構成されています。 急性期の身体疾患の治療が必要でありながらも、精神症状のため十分な治療が受けられない患者さんが心身共に安全な医療が受けられるように、一般科医師・精神科医師と連携しながらチーム医療を提供し、質の高い看護の提供を目指します。

PICU

PICU(小児集中治療室)では5床のオープンフロアと3床の個室を備え、呼吸不全や意識障害、手術後の全身管理など重篤な状態にある0歳から15歳以下のお子さんの集中治療を行っています。小児集中治療科医師5名、看護師33名(小児救急認定看護師1名・集中ケア認定看護師1名)、理学療法士、小児科担当医療ソーシャルワーカーや薬剤師、臨床工学技士など多職種が連携し、生命の危機に瀕しているお子さんへの質の高いチーム医療をめざしています。私たちスタッフは、“元気に歩いて帰れるPICU”をモットーに、自分たちの使命を果たすため日々切磋琢磨し、『家族の宝』であるお子さんへの安全で安心な医療の提供に努めています。

GICU・GHCU

GICU 1

手術後や内科系の集中治療を必要とする患者さんを、24時間体制で受け入れています。様々な疾患の患者さんが入室する中、医師と協同しスピーディ且つスムーズな医療を提供しています。また、医師だけではなく、薬剤師、栄養士、理学療法士、臨床工学士など多職種が連携したチーム医療を行っています。スタッフは、研修会や学習会で研鑚し、患者さんの安全・安楽を考えた質の高い看護をめざしています。患者さんの状態が安定し、ICUから一般病棟へ転棟できることが私たちの喜びです。

GICU 2

主に心臓血管外科、小児循環器科で集中治療が必要な患者さんを、24時間体制で受け入れています。患者さんは新生児から老年期に至り、専門的な知識、技術を駆使して、「安全・安楽・安心」をスローガンに看護を提供しています。集中ケア看護、家族看護、継続看護の質の向上をめざして、医師を含めスタッフが一丸となって研鑚に努めています。急性期を脱した患者さんと、ご家族の笑顔を見ることが、私たちの元気の源となっています。

GHCU

12床の一般総合ハイケアユニットです。術後を中心とした外科全般から内科系の急性期における幅広い看護を行っています。緊急手術後の受け入れでは、チームワークを発揮して迅速かつスムーズに対応できるように心がけています。専門的分野や急性期看護に要する知識や技術だけではなく、急性期の関わりの中でも患者さんやご家族に安心してもらえるような温かい看護を目指し、スタッフみんなで頑張っています。医師やリハビリスタッフなど多職種と連携をとり、患者さんが合併症を起こすことなく、また早期に状態が安定できるよう、よりよいケアについて話し合いながら日々の実践に取り組んでいます。

CCU・CHCU

CCU・CHCUは、循環器疾患専用ICU 8床、HCU(ハイケアユニット)8床があります。救命救急センターに救急搬送されてきた、循環器疾患の急性期に対応しています。急性期の患者さんに安全で安楽な看護を提供できるよう、知識の向上に努めています。又、CCUには集中ケア認定看護師が在籍しており、専門教育に取り組んでいます。毎朝、8時30分から医師・看護師を中心に、理学療法士、薬剤師・栄養士と共に回診を行い、多職種が一つとなりチームで治療にあたり、早期回復を目指しています。