その他、兵庫県が実施している事業

兵庫県在宅人工呼吸器使用患者支援事業

在宅で人工呼吸器を装着し療養されている難病患者さんが、診療報酬で定められた回数を超える訪問看護を受ける場合、その回数を超えた訪問看護料について公費負担を受けられる制度です。この事業の対象となる患者さんは指定難病及び特定疾患治療研究事業対象疾患で、かつ、当該対象疾患を主たる要因として在宅で人工呼吸器を使用している患者様のうち、医師が訪問看護を必要と認める方です。なお、公費負担は患者様お一人あたり年間260回を限度としています。

難病患者等保健指導事業

健康福祉事務所(保健所)を中心に、難病患者様とその家族の方々に対して所内相談や集団指導、医療相談会といった事業を行い、疾病に対する不安の解消を図るとともに、在宅療養生活の支援を行っています。

ページの先頭へ