新型コロナウイルス感染症に関する当院の対応について

新型コロナウイルス感染症に関する当院の対応について

当院は兵庫県から第二種感染症指定医療機関として指定されており、感染症患者について専門的な治療を行う機能をもった病院です。

今般の新型コロナウイルス感染症患者の入院治療にあたっては、専門知識を持ったスタッフが専用の病室(陰圧病室)を使用するなど、一般の入院患者及び外来患者と完全に隔離して治療を行っております。さらに、院内における感染対策も適切に対応しており、一般の外来診療及び入院診療について特段の影響はないと考えておりますので、安心して受診くださるようお願いいたします。

なお、感染が疑われる方には、必ず、帰国者・接触者相談センターへ一度電話で連絡いただくよう重ねてお願いいたします。

令和2年3月6日
兵庫県立尼崎総合医療センター 院長

新型コロナウイルス陽性職員の発生について

3月13日、本センターの職員(救急外来勤務)が、新型コロナウイルス検査の結果、陽性であることが判明しました。

それを受け、本センターでは患者さんの安全確保及び感染拡大の防止のため、新型コロナウイルス感染疑いが生じた12日の時点で、救急外来エリア全体を含め関係各署の消毒を完了いたしました。さらに当該職員と濃厚接触のあった職員については、接触のあった日から2週間の自宅待機としています。

また、当該職員と接触のあった患者さんについては、日頃より適切な感染予防策をとっているためご心配はありませんが、不安に思われる方もいらっしゃると思いますので、電話にてその旨をお伝えさせていただきます。

これらの一連の対応等を踏まえ、入院診療及び、外来診療においては、特段の制限は行っておりません。

皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年3月13日
兵庫県立尼崎総合医療センター 院長