ER総合診療科 正規医師・専攻医の募集について

ER総合診療科 正規医師・専攻医の募集について

ER総合診療科では専攻医および診療・後進の指導に携わっていただける正規医師を募集しています。また、今後さらなる診療・教育の質の向上のために新たに専攻医・正規医師についても募集します。

当科はその名の通り、ER部門と総合診療部門として、断らない医療を実践するため病院の入り口としての役割を担っています。当院はER型救急体制をとっており、ERを受診するWalk inの1次患者から多発外傷や心肺停止患者に至る3次まですべての患者に初期対応を行っております。昨年の年間救急外来患者数は24265件、うち救急搬送は12182件でした。各科と連携し、必要時は専門家とともに併診する形で診療を行っています。救急専門医を取得した者も増えてきております。

入院科が確定し難い患者については総合診療科として入院加療を行っています。よってERでの初期診療にとどまらず、当科では総合診療科としてその後もみずから治療にもかかわり、経過・転機を知ることができます。ERと総合診療科が一体となって診療を行うことで、ER患者の入院科が決まらず困るということが少なく、ER運営がスムーズに行えることが当ERの強みであると考えています。

総合診療科としては一般外来でのプライマリーケアに加え、不明熱・悪性腫瘍の原発巣検索・診断が付かない患者、各科に振り分けられない患者、マルチプロブレムの患者の対応を行い、ERからの入院を含め入院診療を行っています。入院患者は常時20~30名おります。また感染症内科とも連携しながらHIVや渡航後感染症などの入院管理も行っています。

正規医師9名、フェロー5名、専攻医8名で診療を行っていますが、総合診療科を行いながらも感染症、集中治療、緩和等々それぞれの興味を持った分野があり、お互いの得意分野を生かし助け合って診療をしています。また、それぞれがICTや緩和ケアチーム、NST、DCT、各科専攻医合同勉強会など科を超えた院内の活動にも積極的に参加しています。希望者で感染症内科やICUをローテートする者もいます。

当院だけでなく県立豊岡病院など複数の県立病院と毎月ウェブカンファレンスを行い、相互に症例の共有を行っています。

病棟はチーム体制をとっており、2チームで診療を行っています。当直後は早めに帰宅できるように皆で助け合っていますし、週末は病棟当番を決めてできるだけ休みを取れるように工夫しています。また、子育て世代も多いため、子供の行事などにも参加できるように皆で配慮しあっています。

専攻医の研修として様々な疾患に対応できるプライマリーケアの能力を養うことができると考えております。

正規医師としても総合診療・救急・教育・感染症など様々な領域に興味をお持ちの方には適した場所であると考えております。総合診療科に加えて1次~3次まですべての救急もやりたい、あるいは総診と2次までの内科救急をしたい人、総診メインで教育指導を重点的にしたいなどある程度希望に添うこともできます。

ぜひ一度見学にいらしてください。

募集対象

  • 正規医師:免許取得後6年目以上の医師
  • 専攻医:臨床研修修了または修了見込みの医師

身分、給与等

正規職員または臨時的任用職員(専攻医)
給与・待遇は兵庫県規程等による
別途お問い合わせください

問い合わせ、申し込み先

兵庫県立尼崎総合医療センター
ER総合診療科 井場
電話番号06-6480-7000(代表)