受託実習生受入れ要領

(趣旨)

第1条 この要領は、兵庫県立尼崎総合医療センター(以下「当院」)における受託実習生の受入れに関して必要な事項を定める。

(定義)

第2条 この要領において、「受託実習生」とは、医師、薬剤師、看護師,検査技師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、臨床工学技士等の医療関係業務従事者の養成を目的とする学校若しくは養成所又は医療関係団体等(以下「養成機関等」)の学生、生徒等で、当該養成機関等の長からの実習委託依頼により、当院で実習生として受入れを許可された者をいう。

(手続及び許可)

第3条 養成機関等の長は、学生、生徒等の実習を当院に委託しようとするときは、必要事項を記載した書面により、10日前までに、院長あて依頼する。

2 院長は、前項の規定による依頼があったときは、病院業務に支障がない限り、実習を許可する。

3 実習の許可があった場合、当院と養成機関等とは、別途委託契約を締結する。

4 実習の期間は、原則として受入れを許可する日の属する年度を超えないものとする。ただし、実習の都合上、実習期間が年度をまたがる場合は、この限りでない。

(受託実習料)

第4条 受託実習料の額は、養成機関等の支給基準及び当院の支給基準と照らし合わせ、双方協議の上、別に定める。

2 養成機関等の長は、実習の期間に応じた受託実習料を、所定の期日までに納付しなければならない。

3 既納の受託実習料は、返還しない。

(実習担当者)

第5条 院長は、当院の各部門長を実習担当者として指名する。

2 実習担当者は、円滑な実習が行われるよう、本来業務との調整を図り、次の実習に関する業務を行う。
①実習の実施・指導 ②受入れ調整 ③カリキュラムの確認 ④評価
⑤養成機関との連絡・調整 ⑥その他実習に関する必要な業務

3 実習担当者は、必要に応じて、実習担当者の業務を補助する者を、自所属の職員の中から指名することができる。

(実習の実施)

第6条 受託実習生は、実習担当者の指示に基づき実習を行うものとする。

2 なお、実習にあたって、実習担当者は、受託実習生に対して、医療安全、感染対策、患者や家族と接する際の注意事項、個人情報の保護等、全般的な事項について、オリエンテーションを行うものとする。

(守秘義務)

第7条 受託実習生は、実習中に知り得た、個人情報や法人情報等を漏らしてはならない。

(法令、諸規則等の遵守)

第8条 受託実習生は、法令、当院の諸規則、実習担当者の指示を守らなければならない。

(災害補償)

第9条 受託実習生の実習中に発生した災害に係る補償については、当院はその責に任じない。

(損害賠償等)

第10条 受託実習生の受入れを許可された養成機関等の長は、受託実習生の故意又は過失により、医療過誤を生じさせた場合又は施設、設備、患者所有物等を損傷させた場合は、法令等の定めるところにより、損害賠償の責任を負うものとする。

(実習許可の取消し等)

第11条 受託実習生が、第7条及び第8条の規定に違反し、又は受託実習生としてふさわしくない行為があったときは,院長は、当該受託実習生の実習を停止させ、又は許可を取り消すことができる。

(雑則)

第12条 この規程に定めるもののほか、必要な事項については、別に定める。

附則

この規程は,平成27年7月1日から施行する。