地域医療連携センター
1階
 
 

県立尼崎総合医療センターからの提案

かかりつけ医を持ちましょう!

尼崎総合医療センターの診察室で、こんな会話が…??

  • 当院医師A:「あなたのかかりつけの先生は、誰ですか?」
    患者さんA:「この病院の ×△×科の○○先生です。」
  • 当院医師B:「普段は、風邪をひいたらどこのかかりつけの診療所で?」
    患者さんB:「いつも大きな尼崎総合医療センターです。ここが、近いんです!」

これで、いいのでしょうか??

県立尼崎総合医療センターは、「かかりつけの医療機関」ではありません。

かかりつけ医とは、皆さんに下記のような医療を提供できる医療機関を意味します。

  1. みなさんの身近にいて、具合が悪くなった時や病気の相談時に、いつも親身に診てもらえる。
  2. みなさんの日頃の体調や生活環境をよく把握していて、適切な指示を生活基盤内でおこなえる。
  3. 必要な時には、適切な医療機関へ紹介したり、あるいは、基幹病院からの逆紹介を受け入れたり、地域内にて役割(医療介護連携)を担える。

県立尼崎総合医療センターは、地域医療機関からの紹介による救命救急や高度専門医療を提供する高度急性期病院としての役割を担っています。
これからの高齢化社会、総合的に身体を見ていただけるかかりつけ医をお住まいの近くに持たれることを提案します。

“紹介”と“逆紹介”

尼崎総合医療センターでは、患者さんに検査や治療などの高度医療を提供するために、地域医療施設の先生方(かかりつけ医)からのご紹介を受け付けます。そして、患者さんへの急性期治療を含む治療や精査が終われば、経過観察として、あるいは、症状が慢性化した場合には在宅療養や入院療養を目的として、近くの診療所や民間病院へ逆紹介(継続診療の依頼)させていただきます。このように複数の医療機関が相互協力することで、患者さんに途切れのない継続医療(地域内完結型医療)を提供してまいります。

三人の主治医で支える地域医療

県立尼崎総合医療センターでは、患者さんが、

  • 急性期・専門医療をおこなう「当院の主治医(専門医師)」
  • 慢性期医療や在宅療養を担う「近くのかかりつけ医(ホームドクター)」
  • ちょっとした入院加療や療養入院・介護入所を提供していただける 「地域包括病床・療養病床・一般病床・介護施設の主治医」

の三人の主治医を持たれることを提案しています。

この三人の主治医が、その時の患者さんの病状に応じて互いに連絡をとり、各々の役割に適した診療をおこなう医療連携が、皆さまに地域に密着した高度な継続医療を提供できると考えています。

住み慣れた地域での療養(地域内の複数医療機関での診療)

当院では、主治医とともに退院調整看護師や医療ソーシャルワーカーが地域の関係医療機関や施設との連携をとりながら、入院早期から患者さんの退院支援・調整を行うことで、円滑に住み慣れたお住まいへ早期退院ができるように支援をおこなっています。
このように、今の医療は一病院で完結するものではなく、地域医療機関との円滑な連携による地域包括ケアシステムを取り入れた地域内完結型医療が求められます。

新病院では、医療相談も行いますので療養生活の相談や医療、福祉に関すること等、気軽に声をおかけください。