地域医療連携センター
1階
 
 

かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医を持ちましょう!

県立尼崎総合医療センターは、「かかりつけの医療機関」ではありません。

かかりつけ医とは、皆さんに下記のような医療を提供できる医療機関を意味します。

  1. みなさんの身近にいて、具合が悪くなった時や病気の相談時に、いつも親身に診てもらえる。
  2. みなさんの日頃の体調や生活環境をよく把握していて、適切な指示を生活基盤内でおこなえる。
  3. 必要な時には、適切な医療機関へ紹介したり、あるいは、基幹病院からの逆紹介を受け入れたり、地域内にて役割(医療介護連携)を担える。

県立尼崎総合医療センターは、地域医療機関からの紹介による救命救急や高度専門医療を提供する高度急性期病院としての役割を担っています。
これからの高齢化社会、総合的に身体を見ていただけるかかりつけ医をお住まいの近くに持たれることを提案します。