地域医療連携センター
1階
 
 

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、 現在診療中の医療機関での診断内容や治療法などに関して、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三の医療者に意見を求めることを言います。

県立尼崎総合医療センターでもセカンドオピニオン外来として、当院以外の医療機関にて入院または通院されている患者さんを対象に、当院の専門医が、現在受診中の医療機関の診療資料に基づき面談し治療方針等について助言を提示しています。
セカンドオピニオン外来では、新たな診察や検査、治療などの診療行為は行いません。

診療料金

セカンドオピニオン外来は完全予約制です。

相談時間は30分を原則とし、15分毎の延長とします。
相談料金は、健康保険の対象外で自費になります(30分11,000円、超過の場合は、15分毎に2,300円)。

ご本人が対象です

患者さんご本人の相談を原則としますが、やむを得ぬ場合には、患者さんの同意があれば、ご家族の方の相談をお受けします。

ご相談例

  • 現在の病状や治療方針、治療方法、予後について意見を聞きたい。
  • 他にどのような治療方法があるか知りたい。
  • 治療方針、治療方法の選択、手術の諾否を求められているが判断に迷っている。それぞれの効果やリスクを知りたい。

セカンドオピニオン相談の手続きと流れ

他の病院の患者さんが、当院のセカンドオピニオンを希望される場合

  1. 現在受診中の医療機関を通して、セカンドオピニオン外来申込書(当院のホームページからダウンロードできます。)を当院地域医療連携センターへFAX送付してください。
    FAX:06-6480-7721(直通)
  2. 後日、当院からセカンドオピニオン外来相談の可否、および、相談可能な場合には外来説明の日時を紹介元医療機関に通知いたします。

相談可能の場合は

紹介元医療機関から、医療情報提供書(紹介状)、X線検査やその他の検査データ等の資料を受け取っていただき、当日ご持参ください。尚、疾患あるいは診療科によっては事前に持参または当院地域医療連携センターへ郵送していただく場合があります。
相談結果は相談者に伝えるとともに、患者さん・ご家族の承諾を得て、文書により紹介元医療機関の主治医に報告させていただきます。

当院の患者さんが、他の病院のセカンドオピニオンを希望される場合

該当診療科の主治医にその旨をお伝えください。他病院へ持参していただく診療情報提供書(紹介状)および血液検査や画像などの資料を用意させていただきます。

セカンドオピニオンは、医療機関によって実施の有無、対象疾患、申込方法、料金などが異なります。ご希望の病院に事前にお問い合わせのうえ、申込方法等についてご確認ください。
「申込受付は医療機関を通して」という場合は、当院地域医療連携センター(1階)から予約をお取りいたします。不詳な点は地域医療連携センターにてお尋ねください。

当院は患者さんが十分納得されて治療を受けられるよう他病院へのセカンドオピニオン相談に協力いたします。

セカンドオピニオンを申し出されたからといって、当院の担当医が気を悪くしたり、今後の治療に影響することは一切ありません。

送付・問合せ先

兵庫県立尼崎総合医療センター 地域医療連携センター セカンドオピニオン外来係
〒660-8550 兵庫県尼崎市東難波町二丁目17番77号
TEL:06-6480-7000(代表)
FAX:06-6480-7721(直通)