がんセンター

センター長ご挨拶

がんセンター長兼副院長
平林正孝

当院では、従来よりがんセンターとして、関連する診療科が相互に協働して、手術、放射線治療、薬物療法を効果的に組み合わせた集学的治療を提供して参りました。この度、令和3年4月1日付で厚生労働省からのがん診療連携拠点病院の指定を取得致しました。地域の医療機関と更なる連携を構築しつつ、がん相談、緩和ケアも含めて、当院の有するPETを含めた各種診断装置、30床の外来化学療法室、いずれも強度変調放射線治療(IMRT)が可能な2台の最新型の画像誘導放射線治療装置(内1台は動体追尾式の治療が可能な最新鋭装置)をフル稼働し、19室ある手術室を有効に活用して、より一層的確かつ迅速な悪性腫瘍の診断・治療を進めて参る所存でございます。