科長ご挨拶

集中治療科は、平成29年度に新設されました。当院の重症部門を管理する集中治療センターの中で、集中治療科の運営するGICU,GHCUは、専門集中治療室に該当しない、集中治療全般を要する患者さんに対応しています。開設して日が浅いため、医師スタッフ数はまだ十分ではありませんが、各専門診療科との連携を密にし、また看護師、薬剤師、臨床工学士、理学・作業療法士、管理栄養士など、様々な専門職種から協力してもらいながら、抜群のチームワークで診療に取り組んでいます。

現在は、ほぼすべての大手術後患者、内科系、外科系を問わない院内重症患者に加え、救命救急センターからも最重症患者を受け入れるなど、集中治療室としてあるべき姿に向け、発展途上です。また、ICU外でも、防ぎうる院内死亡を阻止すべく、院内急変対応チームを立ち上げ、重症ケアの専門、認定看護師さんたちとともに、その中核的役割を担う予定です。

診療科開設後3年と日が浅く、将来への課題も多く抱えていますが、逆に言えばまだまだ伸びしろを残しています。院内各診療科が、安心して専門診療に取り組めるよう常に留意し、当院が目指す方向性に向かって、重症患者管理の面から、積極的に貢献していきたいと考えています。

ICUにご興味をお持ちの先生は、是非とも嶋岡(hshimaoka@hp.pref.hyogo.jp)まで、お問い合わせ下さい。