科長ご挨拶

集中治療科は、平成29年度に新設されました。当院の重症部門を管理する集中治療センターの中で、集中治療科の運営するGICU、GHCUは、各専門集中治療室に該当しない、全般的な集中治療を要する患者さんに対応しています。開設して日が浅いため、医師スタッフ数は不足していますが、そのぶん各専門診療科との連携を密にし、また看護師、薬剤師、臨床工学士、理学・作業療法士、管理栄養士など、様々な専門職種の力を最大限に引きだしながら、抜群のチームワークで診療に取り組んでいます。

現在は、ほぼ、すべての大手術後患者、内科系、外科系を問わない院内重症患者に加え、救命救急センターからも最重症患者を受け入れるなど、集中治療室としてあるべき姿に向け、発展途上です。

診療科開設後2年で、まずまずうまく離陸できたという段階で、将来への課題も多く抱えていますが、一方でまだまだ伸びしろを残しています。当院が目指す方向性にそって、院内各診療科が安心して専門診療に取り組めるよう、全力で重症患者管理に取り組んでいきます。