研修希望者、若手医師へのメッセージ

研修希望者、若手医師へのメッセージ

当院集中治療科は、GICU,GHCUの運営に携わり、大手術後の術後管理を中心に、重症内科疾患、院内急変、救命救急センターからの患者さんに対応しています。平成29年度に設置された新しい部署ですが、経験豊富な集中治療専門医を中心に、院内各科、多職種の各専門家と抜群のチームワークでチーム医療に取り組んでいます。
かっては、集中治療といえば、特殊治療を駆使し、重症患者を管理するイメージがありましたが、一方で、医療者の経験、技量に依存した”芸術的"な治療が行われる場所いう印象も持たれていました。

現在集中治療の分野においても、多くのガイドラインなど標準的治療が推奨されており、若い先生方への裾野が広がっている感があります。

当院集中治療科では、標準的治療を常にアップデートし、その考え方を基礎に、繊細なベッドサイドでの診療から得られる患者個人の状態把握を加味した、各人最適の集中治療を目標にしています。
何事もないのが当たり前の術後患者さんには、さらなる質的向上を常に考慮し、治療に難渋する重症患者さんには、集中治療科以外のエキスパートや多職種の意見を積極的に採用し、最善の結果を求める努力をしています。

麻酔科からは、専攻医を中心に、集中治療に興味を持つ若手医師が研修に来ます。将来集中治療を専門とする希望のある先生だけでなく、麻酔との両立を目指す先生、短期的な研修を希望される先生など、集中治療に熱意を持って取り組んでいただける先生には、是非我々の仲間に加わっていただきたいと思います。

興味をお持ちいただいた先生は、気軽に嶋岡(hshimaoka@hp.pref.hyogo.jp)までお問い合わせ下さい。