地域医療連携センター
1階
 
 

地域医療連携部長ご挨拶

地域医療連携部長 ご挨拶

地域医療連携部長 山田裕二 ご挨拶

地域医療連携センターは、患者さんと地域をつなぐハブの役割りをします。

地域医療連携センターは、患者さんの診療のお手伝いをするだけでなく、患者さんと地域をつなぐハブの役割りを積極的に果たすことにより、「地域包括ケアシステム」につなげていきたいと考えております。

前方連携では、スムーズに診療を受けていただけるように、診察や検査予約、転入院調整をおこなっておりますが、迅速に対応できるように、手続きの簡素化も含めて日々改善に取り組んでまいります。

外来通院時も含めて当院にて治療を受けていただく間に生じる不安や心配事、治療費に関すること、保険に関することなど、さまざまな問題に対する相談支援もおこなってまいります。

後方連携では、転院調整や自宅や施設へ退院された後の地域医療機関等とのさまざまな連携、保険等各種申請のお手伝いをおこなってまいります。また患者さんが病気への知識を深めていただくための講演会や、他の医療機関との勉強会も開催していきたいと考えております。

急性期病院にとって退院はひとつのゴールでありますが、患者さんにとってはスタートでもあります。地域医療連携センターはその生活の再出発のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

先生方には当院に紹介してよかった、患者さんには当院にかかってよかったと思っていただけるように頑張ってまいります。

今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。