患者さんの権利・義務憲章

患者さん・医療者共に協力して「患者さんの権利」と「患者さんの義務」を尊重し守る

患者さんの権利

1:公平に医療を受ける権利

社会的な地位、疾病の種類、国籍、宗教などにより差別されることなく、適切な医学水準に基づいた安全かつ効果的な医療を受ける権利

2:一人の人間として、尊重される権利

各々の人格、価値観が尊重され、患者さん・医療者が互いに協力して、医療をつくり上げていく権利

3:納得医療の権利

  • 医療提供者から説明と情報提供を受ける権利
  • 自分の意志で治療方法等を決定する権利
  • 希望しない検査や治療を断る権利

4:セカンドオピニオンの権利

  • 複数の専門医等の意見を求める権利
  • 他の医療機関に変わることもできる権利

5:診療情報の提供を求め、自分の意見を述べる権利

6:プライバシー保護の権利

診療の過程で得られた個人情報が守られる権利

7:臨床研究についての権利

  • 目的・危険性について情報提供を受ける権利
  • 参加するかどうかを決める権利
  • 途中でも中止を求める権利
  • 参加しなかった場合でも不利益を受けない権利

患者さんの義務

  1. 医療者側に情報を知らせる義務、理解できるまで質問する義務
    家族の状況、既住歴、病状の変化、現在の症状等を、正確に知らせる義務
    医師等の説明で、よく理解できない点を理解できるまで質問する義務
  2. 医療に意欲を持って取り組む義務
    合意した検査・治療方針に自ら意欲をもって取り組む義務
  3. 規則と指示を守る義務
    病院内の規則や指示を守り、他の患者に支障を与えない義務