病院機能評価の認定を受けました

病院機能評価の認定について

日本医療機能評価機構 認定第JC2144号当院は、平成28年10月に公益財団法人日本医療機能評価機構が実施する病院機能評価の訪問審査を受審し、平成29年1月4日付で認定を受けました。
当評価は、同機構が第三者として中立的、科学的・専門的な見地から病院の評価を行う仕組みです。
当院は「一般病院2」(主として、二次医療圏等の比較的広い地域において急性期医療を中心に地域医療を支える基幹的病院)の区分で受審し、全89の評価項目中、7つの項目で特に秀でていると評価されました。

『病床数730床、医師約340名を有し、「24時間365日断らないER型救命救急診療」、「妊婦および新生児に対する総合的周産期医療」、「政策医療であるがん等の五疾病に対する高度医療」の3つを柱として高度急性期医療を提供する県の中核病院としてその重責を果たしている。(中略)ほとんどの項目で一定の水準に達しており、非常に秀でた機能の発揮も随所に見られた。』
※(公財)日本医療機能評価機構による評価報告書から抜粋

特に秀でていると評価(「S」評価)された項目(数字は評価項目の番号)

  • 医療感染制御に向けた体制が確立している(1.4.1)
  • 重症患者の管理を適切に行っている(2.2.13)
  • 臨床検査機能を適切に発揮している(3.1.2)
  • 放射線治療機能を適切に発揮している(3.2.2)
  • 手術・麻酔機能を適切に発揮している(3.2.4)
  • 集中治療機能を適切に発揮している(3.2.2)
  • 救急医療機能を適切に発揮している(3.2.6)