輸血に関する基本方針

兵庫県立尼崎総合医療センターでは、「最大限無輸血治療の努力をしますが、輸血が生命の維持に必要な場合には輸血を行う「相対的無輸血」の基本方針で診療を行っております。輸血拒否に対しては次のとおり対応いたします。

  • 兵庫県立尼崎総合医療センターでは、「相対的無輸血」(輸血が生命の維持に必要な場合には輸血を行うこと)を基本方針とします。
  • 相対的無輸血についての当院の方針を十分説明し、患者さんの自己決定を尊重します。「絶対的無輸血」(輸血が生命の維持に必要な場合でも輸血を行わないこと)を希望される場合には、原則、それに対応できる他の医療機関への転院をお勧めします。
  • 輸血に関わる診療以外の一般的な診療を拒否するものではなく、通常の診療を行います。