施設概要

施設概要

構造規模 鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)
地上11階、地下1階、塔屋1階
延床面積83,535.43m²
敷地面積 約36,575m²
駐車場 約600台
診療科目 46科目
病床数 730床(集中治療系143床)
手術室 18室
環境への配慮
  1. 屋上庭園、屋上緑化、透水性舗装等の採用(グラスパーキングを第2期工事で採用予定)
  2. 太陽光発電(171KW)、コージェネ(排熱の給湯利用)の導入、雨水・井水の利用
  3. 高断熱化、高気密化及び日射遮蔽バルコニーの採用による空調負荷低減
災害への備え
  1. 大規模地震発生時も機能を維持できる免震構造の採用
  2. 災害拠点病院として大規模災害発生時の患者収容スペースの確保(外来待合、講堂等への医療ガス設備の設置)
  3. ライフライン途絶時も最低3日間機能を維持できる自家発電及び貯水設備を上階に設置

尼崎総合医療センター 各階構成図