科長ご挨拶

兵庫県立尼崎総合医療センター血液内科科長 渡邊光正(わたなべみつまさ)よりご挨拶

患者さんへのメッセージ

血液疾患を専門にしている病院は少なく、阪神地区の中心的な病院として、努力しております。この分野は日進月歩治療が進化しており、最新の治療を積極的に取り入れ、より安全に治療成績の向上を目指しております。血液腫瘍は遺伝子変異などにより悪性度が大幅に異なり、それらを考慮して最初から治療する必要があり、当院ではそのような検査を院内で行うことで、迅速に判断し、治療を行っております。一方、高齢化社会に伴い、ご高齢の患者さんが年々増加しており、生活の質も重視して治療も行っております。また、移植治療や急性白血病の治療は入院期間が長くなることが多く、その場合でも、当院の無菌病病棟や無菌室はゆったりした空間があり、少しでも快適に過ごして頂けるよう、空調設備のみならず、空間にも重点を置き、また早期退院を目指しリハビリ介入も積極的に行っており、安心して治療に専念していただけると思います。さらに、同種造血幹細胞移植の対象年齢を70代前半まで拡大しましたが、安全に行えておりますので、他院で年齢で断られても当院では積極的に受け入れていきます。なお、移植コーディネーターを3人(認定HCTC)有しており、移植前後に関しても安心して頂けると思います。どうぞ宜しくお願い致します。

ご紹介いただく先生方へのメッセージ

阪神地区に必要とされている移植病院として、無菌室、無菌病棟を充実させました。また、臍帯血移植および骨髄バンク移植の認定施設です。これまで同様に新規薬剤を積極的に取り入れ、エビデンスに基づいた最新の治療を提供するとともに、移植医療にも力を注いて参ります。同種造血幹細胞移植の対象年齢を70代前半まで拡大しましたが、安全に施行できておりますので、他院で年齢で断られても当院では積極的に受け入れていきます。血液疾患を疑われた場合は、早めにご気軽にご相談いただければと思っておりますので、宜しくお願い致します。