対象とする主な疾患

急性骨髄性白血病

リスク(キメラ遺伝子、遺伝子変異、染色体など)、年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:発熱(感染症など)、貧血(倦怠感、動悸など)、出血傾向。
治療:化学療法、分子標的療法、分化誘導療法、造血幹細胞移植など。

急性リンパ性白血病

リスク、年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:発熱(感染症など)、貧血(倦怠感、動悸など)、出血傾向など。
治療:化学療法、分子標的療法、抗体療法、造血幹細胞移植など。

悪性リンパ腫

種類、リスク、年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:リンパ節腫脹、発熱、体重減少、寝汗など。
治療:化学療法、抗体療法、アイソトープ標識抗体療法、放射線治療、造血幹細胞移植など。

多発性骨髄腫

リスク、年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:骨折(骨痛)、腎機能障害、貧血、高Ca血症など。
治療:新規薬剤、化学療法、抗体療法、放射線治療、造血幹細胞移植など。

骨髄異形成症候群

リスク、年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:貧血(倦怠感、動悸など)、出血傾向、発熱(感染症など)。
治療:アザシチジン、化学療法、造血幹細胞移植など。

慢性骨髄性白血病

リスク、年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:多くは無症状。健診などの血液検査で、白血球増加で発見される。
治療:分子標的療法など。

特発性血小板減少性紫斑病

年齢、全身状態を考慮した治療を行います。

症状:出血傾向など。無症状で血液検査にて、血小板減少で発見される。
治療:ステロイド、大量ɤグロブリン、ピロリ菌の除菌、トロンボポエチン受容体作動薬、脾摘、リツキシマブなど。