女性ヘルスケア外来チーム
 

女性ヘルスケア外来

婦人科医と内科医で支える女性ヘルスケア

女性ホルモンの分泌量に伴い、女性の生涯は思春期、性成熟期、更年期、初老期、老年期と進みます(女性のライフステージ)。女性ホルモンは体調や健康に大きく関わるため、各ライフステージにおいて注意しておかなければならないことも変化します。例えば思春期や更年期はホルモンバランスの乱れから愁訴が出現しやすい時期、妊娠、出産、育児をする性成熟期は、月経随伴症状、内膜症、筋腫、不妊などの悩みが多い時期です。平均寿命が男性80才以上、女性85才以上となり、超高齢化社会を迎えた今、家庭に留まらず、社会での働き手としても期待される女性の元気がこれまで以上に期待される時代です。女性ヘルスケア外来が、そんな貴女の一助になれたら嬉しく思います。

産婦人医の立場から

産婦人科部長 田口奈緒

女性ホルモンが自分の体調にどのように関わっているのかを正確に理解している女性は多くはありません。また、現代社会は女性のあり方が多様であり、それゆえのストレスが逆に女性ホルモンに影響を与えることもあります。女性ヘルスケア外来では月経関連のお困りごと、体調不良、更年期の悩みなどについて通常の外来よりもゆっくりとお話をうかがうことができます。ぜひご利用ください。産婦人科的診察や検査を必要とする場合、産婦人科外来再診して頂く場合がありますので、ご了承ください。

内科医の立場から

糖尿病内分泌内科、女性ヘルスケア専門医 沼 眞喜子

毎月訪れる月経周期でわかるように、女性ホルモンは1ヶ月の中でも大きく変動します。その影響で女性の自律神経バランスは非常に乱れやすく、愁訴の原因になります。男性に比べ女性に自律神経失調症が多いのは当たり前なのです。特に思春期、更年期の女性はこの傾向が強く見られます。内科的立場からみると、更年期以降の生活習慣病(高血圧、肥満、やせ、糖尿病、脂質異常症、骨粗鬆症)の悪化は必然的なところですが、更年期にそれら疾患予防を啓蒙することが、とても大切と考えています。皆様がご自分の更年期を乗り越え、健康長寿を目指していけるような外来にしたいと思います。症状、年齢問わずご相談ください。

外来予約

お電話で御予約ください。

産婦人科 田口 奈緒 医師 第1、3火曜日 14:00〜15:00
内科 沼 眞喜子 医師 毎週火曜日 14:00〜16:00

更年期教室

年間2〜3回参加費無料で、予約不要の更年期教室開催します。こちらの案内は病院ホームページか直接産婦人科外来受付にご確認ください。更年期のホルモン補充療法や、食事、運動のことなどについて皆様と考える会です。


左から:田口医師、沼 医師

平成30年度更年期教室のご案内

本年度は更年期の正体について3回にわけてお話します。特に更年期で問題となるこころの問題、骨関節のトラブル、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病への対処についてはわかりやすくテーマ別にお届けしたいと思います。

テーマ 第1回:「更年期とこころ」
第2回:「更年期と骨関節」
第3回:「更年期と生活習慣病」
開催日 第1回:5月21日(第3火曜日)
第2回:9月17日(第3火曜日)
第3回:2月18日(第3火曜日)
時間 14時〜16時
場所 尼崎総合医療センター5F メディカルバースセンター カンファレンスルーム
担当 女性ヘルスケア外来担当
婦人科 田口 奈緒医師
糖尿病・内分泌科 沼 眞喜子医師
参加費 無料(予約不要)