小児・総合周産期母子医療センター
小児アレルギー科
2階Kブロック

対象とする主な疾患

気管支喘息

発作ゼロのコントロールを

気管支喘息は慢性の炎症が気道に生じる病気です。発作の時は苦しく運動ができなくなったり夜間も寝られなくなることもあります。このような苦しい状態が子ども達に起きないように内服・吸入療法等により発作がない状態を目指してコントロールを行います。成長にも影響がでないような治療を目指しています。

アトピー性皮膚炎

乳児期早期からしっかりした治療を

アトピー性皮膚炎は湿疹がいろいろなところにできて、かゆみが持続する皮膚の病気です。子供の場合は食物アレルギーも合併していることが多いので注意が必要です。内服・外用療法を併用しながら乳児期早期から皮疹の治療・コントロールを行い、湿疹を成人期に持ち越さないようにする事を目標としています。

食物アレルギー

最小限の除去と安全な日常生活を

食物アレルギーは食品を食べると皮膚や呼吸器、消化器などに症状の出る病気です。年齢によっておこりやすい食品の種類が異なります。症状も様々なので診断が難しい場合もあります。当科では血液検査や食物負荷試験を行い必要最小限の食物除去を基本に安全な食生活が送れるよう診断・指導を行います。必要な症例には積極的にエピペンの処方やその指導を行います。

花粉症

予防を中心におこないます

花粉症はちょっと前まで大人の病気でしたが最近徐々に低年齢化している傾向があります。増加傾向にある小児の花粉症に対しては内服・点鼻薬による シーズン前からの予防を行い、少しでも症状が軽くなるようにコントロールする事を目標とします。