診療実績

診療実績(2018年1月〜12月)

外来 9676人
入院 724人
腎生検 79件
腎生検病名(患者数) IgA腎症(28)、膜性腎症(6)、IgA血管炎(4)、微小変化型ネフローゼ(5)、ループス腎炎(2)、腎硬化症(3)、巣状糸球体硬化症(3)、ANCA関連血管炎(9)、急性尿細管壊死(3)、その他(12)
シャントPTA 237件
シャント手術 171件
透析導入 血液透析 120人
腹膜透析カテーテル関連手術 6件
透析導入 腹膜透析 8人
入院中透析 4686件

当院における透析医療の自主機能評価指標(2020年7月)
(日本透析医会の透析医療の自主機能評価指標に基づく)

評価指標項目

Ⅰ. 施設の状況
1. 施設の設備
① 施設の種別 病院
② (有床の場合) 病床数 730床
③ ペーシェントステーション台数 (透析ベッド数) 20台
2. 施設の機能
① 準夜透析の可否 (21時以降終了) 不可
② (可の場合) 透析室終了時間 (通常時の最終透析回収時間)  
③ オーバーナイト透析の可否 (日をまたがる透析で6時間透析以上) 不可
④ 在宅血液透析の可否 不可
⑤ オンラインHDFの可否 不可
⑥ シャント手術の可否
⑦ PTAの可否
⑧ 障害者自立支援医療機関かどうか 自立支援医療機関である
⑨ 処方の区分 (院内処方・院外処方) 院内処方・院外処方
⑩ 腎代替療法実績加算の有無 ない
⑪ 下肢末梢動脈疾患指導管理加算の有無 ない
3. 医療スタッフの状況
① 透析に関わる医師数 常勤: 9人
非常勤: 0人
② 透析医学会会員の医師数 9人
③ 透析専門医の人数 4人
④ 透析技術認定士の人数 1人
⑤ 透析に関わる看護師の人数 常勤: 11人
非常勤: 0人
⑥ 腎不全看護認定看護師の人数 1人
⑦ 慢性腎臓病療養指導看護師の人数 1人
⑧ 透析に関わる臨床工学技士の人数 常勤: 19人
非常勤: 1人
⑨ 血液浄化専門臨床工学技士の人数 0人
⑩ 認定血液浄化臨床工学技士の人数 1人
⑪ 透析に関わるメディカルソーシャル-ワーカーの人数 常勤: 10人
非常勤: 0人
⑫ 管理栄養士の人数 常勤: 6人
非常勤: 10人
Ⅱ. 患者の状況
① 外来HD患者数 0人
② 外来PD患者数 11人
③ 外来透析患者に対する後期高齢者患者の比率 9%
Ⅲ. 治療指標(外来HD患者対象)
① 腎性貧血管理 (Hb 10.0g/dl以上の比率) (※)
② P管理 (P 6.0mg/dl以下の比率) (※)
③ PTH管理 (iPTH 240pg/ml以下、あるいはwhole PTH 150pg/ml以下の比率) (※)
④ 透析時間 (4時間以上の患者の比率) (※)
⑤ 透析時間 (5時間以上の患者の比率) (※)
⑥ 透析時間 (6時間以上の患者の比率) (※)
⑦ 透析量 (Kt/V 1.2以上の比率) (※)

(※)当院は外来(通院)での血液透析(HD)は行っておりません。