栄養サポートチーム(NST)
 

栄養サポートチーム(NST)

チーム紹介

NSTはnutrition support team(栄養サポートチーム)の略です。

入院が必要な状態においては、必要な栄養を摂(と)ることが治療の一環としてとても大切です。

  • 口から食べられても十分な量・内容のものが摂れない場合
  • 口から食べられず、点滴に頼らざるを得ない場合
  • 噛(か)む・飲み込む機能が低下したために、鼻から管を通して、あるいは直接胃に栄養剤を注入する場合

など、さまざまな場合に対応して、栄養状態の評価を行ない、必要な栄養量・成分などを個別に検討し、病気やけがと向き合うお手伝いをします。

スタッフ紹介

NST構成員

  • 医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、検査技師、言語聴覚士

活動内容と抱負

集中治療室では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士等がチームで栄養管理を行っています。
一般病棟では、医師・看護師・病棟担当栄養士などが、病状などからNST介入の必要性を検討し、NSTに依頼します。
毎週、カンファレンスを行ったのちに回診を行ない、病棟スタッフと連携して栄養法の調整を行なっていきます。
幅広い年齢層、さまざまな疾患に対して、急性期から栄養状態の維持・改善を図れるよう多職種のチーム活動でお手伝いができればと考えております。

患者さん、地域医療機関のみなさんへ

急性期病院として、現状の改善および長期的な栄養管理につなげること意識して携わっております。