ご挨拶

部長(医療情報担当)写真

電子カルテとは、患者さんの病気に関する全ての情報が詰まった究極の個人情報のひとつです。当然、そのセキュリティーを高次元で担保することが求められる一方、医療者にとっては出来るだけ迅速・簡便に情報の記載や閲覧、オーダーができることが求められます。当院では薬剤調剤システム、採血検査機器やエコー、レントゲン、MRIなどの診断機器、手術や集中治療室での監視機器、皆様に使っていただいている外来患者呼び出しシステムなど、ほとんど全ての医療機器が電子カルテと接続しております。情報管理部はこれらのシステムを構築し、集中的に管理し、セキュリティーと利便性を向上させるべく日々、奮闘しております。また、近年、電子カルテに蓄積された医療情報は巨大なデータとして分析、研究の対象と捉えられております。情報管理部では、個人情報保護に十分な配慮をしながら、院内各所からの医療情報提供の要望に対し、これを分析、研究に利用できるよう、日々発生する膨大な量の医療情報を整理し、提供しております。今後更に、日常診療の安定稼働に資するとともに、院内、院外へ情報発信ができるような組織へと成長していきたいと考えております。