栄養管理部

特色

栄養管理部は、医師を中心としたチーム医療の一翼を担う部門として、患者さんの個々の症状に応じた適切な治療食の提供と、栄養食事指導をとおして病気の治療に貢献することを目指しています。また、栄養管理実施計画、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡(じょくそう)チーム、循環器科及び救急救命センターなど他職種との連携により患者さんの栄養管理やQOL(生活の質)の向上に取り組んでいます。

栄養管理課の業務

栄養管理

すべての入院患者さんの栄養管理計画をたて、低栄養の場合は、再評価を行い適切な栄養補給ができているか、チェックしています。また、病棟訪問により、入院患者さんに入院中の食事についての説明をしています。

栄養食事指導

消化管術後食、糖尿病、高血圧、高脂血症、腎臓病、肝臓病、胃腸病、肥満などを対象とした個別栄養食事指導を行っています。また、病棟訪問指導や、予約制の個別指導、糖尿病集団個別セット指導などを行い、食べ方のコツや工夫をご提案しています。低栄養状態の患者さんには、退院後も栄養、食事管理ができるよう、アドバイスや情報提供を行うとともに、心臓リハビリの患者さんへは、担当管理栄養士が患者さんのリハビリのスケジュールに合わせて、食事の習慣を見直し、食事改善に役立つアドバイスを行っています。

診療サポート-チーム医療に参画

NST(栄養サポートチーム)、褥瘡対策部会、医療事故防止部会・同意書部会・緩和ケア部会、クリニカルパス部会そして糖尿病教育部会に所属しチーム医療に積極的に参画しています。