栄養管理部

特色

栄養管理部は、チーム医療の一翼を担う部門として、「栄養の指導」をとおして、栄養管理を適切に実施すること、給食管理として患者さんの個々の病状に応じた適切な治療食の提供を行うこと、栄養指導により疾病に対する食事療法の理解度、実践力を高めることにより患者さんの病気の早期治癒を図ることを目指しています。同時に、入院生活の中で食事を楽しみにして頂けるよう、旬の食材の使用や行事食等を取り入れるなど、いろいろな工夫を行い、患者サービスやQOLの向上を図っています。

栄養管理課の業務

栄養管理

すべての入院患者さんの栄養管理をきめ細やかでスピーディーに実施できるよう各病棟に担当管理栄養士を配置しています。病棟担当管理栄養士が栄養アセスメントを実施し、プランニングします。栄養評価により低栄養の場合は適切な栄養補給ができているか、再評価を実施し、病棟訪問等により、食欲のない患者さんへは、少しでも経口摂取がすすむよういろいろな提案をさせて頂いています。

栄養食事指導

栄養指導は、入院患者さんへの病棟訪問栄養指導、予約制の栄養指導室での個別指導、また、集団指導などを行い食事療法の基本の説明や調理の工夫をご提案しています。心臓リハビリの患者さんへは、担当管理栄養士が患者さんのリハビリのスケジュールに合わせて、栄養指導を実施しています。また、退院後や通院中でも適切な栄養、食事管理ができるよう、外来栄養指導として個別指導、集団指導を行い、食習慣改善のアドバイスや栄養補助食品、嚥下食品などの情報提供を行っています。

当センター独自の取り組みとして、入院治療食を外来患者さんや患者さんのご家族に、集団栄養指導の際に召し上がっていただき、実際の治療食の味や量などを体験していただく糖尿・減塩ランチ教室などの集団指導を意欲的に実施しています。調理実習や通院治療食を取り入れた、糖尿病教室、心リハ教室、すこやかセミナー等では、管理栄養士による講義と、調理師によるアドバイスを交えながら、患者さんに栄養と食に関する情報提供も行っています。

診療サポート-チーム医療に参画

チーム医療において、NST(栄養サポートチーム)は週2回、専任医師、専任看護師、専任薬剤師、専従管理栄養士および、歯科医師、検査技師、言語聴覚士、歯科衛生士等のチームで、各病棟へ回診を行っています。医師、看護師、管理栄養士による糖尿病透析予防指導にも取り組んでいます。その他、各担当の管理栄養士が、褥瘡対策委員会、緩和ケア委員会、糖尿病教育委員会、嚥下検討委員会、心不全カンファレンスなど、チーム医療に積極的に参画し、栄養と食の専門職として治療等に貢献しています。