感染対策部

感染対策部

田村感染対策部長からのご挨拶

この度のコロナ禍は、感染症が個体のみならず人類社会にとって最大級の脅威である事を改めて知らしめました。人類とコロナとの闘い(あるいは共存)は確実に続いていきますが、我々医療者はその中で、従前の医療をも質と量を落とすことなく社会に提供していく責務があります。

感染対策においては、リアルタイムの状況判断と適切な予測、明確な目標設定が肝要と考えますが、いずれも極めて難しい課題であることは今回のコロナ禍での地球規模の混乱を見ても明らかです。

感染対策の面から、揺るぎ無い良質な医療の提供に尽力してまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。