放射線部

放射線部は、画像診断部門と放射線治療部門に分かれています。

画像診断部門は、胸部や骨などの一般撮影をはじめ、CT装置やMRI装置を使用した検査を主に行っている部門です。検診を始め、治療診療に伴うX線撮影から、各種疾患の性質や進行度を診断するための精密検査まで幅広く行っております。特にコンピューター断層撮影では、最新の320列マルチディテクターCTや3テスラMRI、がんの早期発見のためPET-CTを設置しております。スタッフは常に患者さんの待ち時間短縮を心掛け、過去の診断情報を最大限に利用しながら診療に役立つ画像を提供しています。
また、放射線治療部門では、IMRT(強度変調放射線治療)が可能な装置を2台設置し、悪性疾患等の治療を行います。治療計画は、患者さんへの十分な説明と同意の後、EBM(Evidence Based Medicine:各疾患別治療成績の統計的結果)に基づいて立てられます。治療中は専門の医師が患者さんの全身状態や治療に伴う障害の有無を確認しながら治療を行っています。また、患者さんの負担軽減や社会復帰の促進を目的とし、可能な限り外来通院にて行うように努力しています。

新病院での業務のポイント

下記の4点を重点に「より質の高い医療を提供できる安全安心な病院」の実現を目指し、放射線機器の整備を進めていきます。

  1. 高度専門医療に迅速かつ的確に対応できるよう、検査機器や画像診断機器等を整備し、他部門と一体となったチーム医療の提供体制を確立します。
  2. 検査部門システムおよび画像情報システムを医療情報システムと連携させ、各部門との迅速な情報共有を図ります。
  3. 迅速かつ効率的な検査や画像診断を実施するため、患者動線に配慮した配置です。
  4. 地域の医療機関との設備・機器等の共同利用や受託検査を行うとともに、インターネットを用いた検査予約や検査結果の配信などを実施します。