医療安全部

牧医療安全担当副院長の挨拶

医療技術は日進月歩、昨日までなかった新しい診断法や治療法が次々と生まれています。それによって、私たちはより良くより長い寿命を手に入れることが出来ます。しかしながら、新しい医療技術には今までになかったような新しい危険も伴っています。また、より長生きで来るようになるにつれて心身に障害のある多くの方々が医療を受けられます。すなわち、医療が進歩し寿命が延びるにつれて皮肉なことに医療に伴う危険もまた増加し続けています。
私たちは、最新の医療に伴ういろいろな危険をできる限り少なくできるように日々地道な活動を続けています。

後列左より 高松看護師、吉田看護師 前列左より山根秘書、牧医師、田村医師