医療安全部門としての活動

病院の基本方針である「納得・安全・チーム医療」の実現のため、専従看護師2名を配置し、各部門・部署と連携した継続的な医療安全活動に取り組んでいます。具体的には、ヒヤリ・ハットや医療事故報告事例の調査と背景要因の分析、再発防止策の検討・作成、職員向けの研修会の開催などを行っています。また、患者相談窓口を設け、医療安全に関する患者さまからの相談に対応しています。平成30年度からは、近隣の他病院との合同カンファレンスや病院訪問などにも取り組んでいます。

令和3年 ヒヤリ・ハット 医療事故報告件数

レベル別

[この表は左右に動かせます]

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 総数
0 95 106 105 70 48 78 53 87 106 80 50 80 958
1 206 152 172 245 221 253 211 198 253 257 217 290 2675
2 73 63 78 50 63 67 79 68 62 63 82 78 826
3a 12 12 20 8 8 21 12 13 10 5 8 10 139
3b 1 4 0 0 1 1 1 0 2 0 0 1 11
4a 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
4b 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
X1 13 9 11 11 12 13 8 12 9 14 15 9 136
総数 400 346 386 384 353 433 364 378 442 419 372 469 4746

参考)レベル分類

レベル 内容
0 エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが、患者には実施されなかった事例
1 患者への実害はなかった事例
2 処置や治療は行われなかった事例
3a 簡単な処置や治療が必要になった事例
3b 濃厚な処置や治療が必要になった事例
4a 永続的な障害や後遺症が残ったが、有意な機能障害や美容上の問題は伴わない事例
4b 永続的な障害や後遺症が残り、有意な機能障害や美容上の問題を伴う事例
5 死亡事例
X1 オカレンス(偶発的に発症した合併症事例、急変事例、暴力事例等)