対象とする主な疾患

食道がん・胃がん

概略

食道は、食べた物が口から胃に入るまでに通る管で、大部分は胸腔内にあります。食道癌は早い段階からリンパ節に転移する傾向があり、また,食道の周囲には重要な臓器が密集しているため、隣接する臓器への浸潤が問題になることも多く、手術に抗癌剤や放射線を組み合わせた『集学的治療』が重要となります。
当科では、治療方針の指標として日本食道学会から出版されている「食道癌診断・治療ガイドライン」に則った治療方法をご提案しています。

大腸がん

当科では、大腸(結腸・直腸)のさまざまな疾患に対して外科治療を行っております。

  • 良性疾患に伴う大腸の狭窄(狭くなる)や腸閉塞、大腸の穿孔(穴が開く)と続発する腹膜炎などに対して、緊急手術を含めた外科治療を施行しています。
  • また当科での主な業務となっているのは、悪性疾患(結腸癌、直腸癌)に対する外科的切除であり、術前および再発などに対する化学療法(抗がん剤療法)や放射線療法と連続的に一体化した治療(集学的治療)を行っております。

肝胆膵がん

腹部救急疾患

穿孔性腹膜炎、虫垂炎、胆嚢炎、腹部外傷に対し24時間対応で緊急手術を行います。

鼠径ヘルニア

術後の痛みの少ないメッシュを使った治療を行います。さらに低侵襲の鏡視下手術も行っています。