麻酔科

あらゆる手術の麻酔管理に加えて、手術前後の質の高い全身管理を目指します!

麻酔科は、手術室での全身麻酔手術症例の管理を中心とした麻酔業務とともに、総合集中治療室(GICU)14床と総合ハイケアユニット(GHCU)12床での術後患者をはじめとした重症患者の管理を行っています。また、麻酔科術前外来では、手術前早期から全身状態の管理に注意を払い、安全でより質の高い周術期管理の実践に取り組んでいます。

「安全かつ質の高い周術期管理による社会貢献」を基本理念とし、経験豊富な充実したスタッフと最新鋭の医療機器による「質の高いきめ細かな麻酔管理」を行っています。2019年4月現在、麻酔科指導医9名、麻酔科専門医7名、麻酔科認定医4名、集中治療専門医3名が勤務しています。兵庫県立病院の「麻酔科医師養成基幹病院」として麻酔科専門医の育成にも力を入れています。

麻酔科の得意分野

理念・運営方針

理念

「安全かつ質の高い周術期管理による社会貢献」

運営方針

  • きめ細かな術前診察による「適切な術前評価と術前処置」
  • 適切な麻酔法と術中モニタリングの選択による「質の高い術中麻酔管理」
  • 患者満足度を重視した「術後疼痛管理」
  • すべての診療スタッフとの「チームワーク」
  • 緊急手術・重症患者を「断らない麻酔」
  • 医療水準向上のための「研修医教育、麻酔医専門医育成、臨床研究、自己研鑽」