呼吸器外科

呼吸器外科は、常に患者さんのQ.O.L.を、第一に考えます!

呼吸器外科は、2006年に県立尼崎病院と県立塚口病院が機能分担し再編された折に、県立尼崎病院に集約されました。それ以後は、双方のスタッフが協力し、年間250例以上の全身麻酔下手術を続けております。新病院では、救急部が新設され、常時緊急患者さんに対応するようになりました。 スタッフが増強され、通常の予定手術を行っている時でも胸部外傷などの緊急手術に対応できるようになりました。

呼吸器外科2つの特徴