科長ご挨拶

兵庫県立尼崎総合医療センター呼吸器外科長、呼吸器外科部長 坂井よりご挨拶

患者さんへ

「自分や自分の家族が病気になった時に受けたい医療」が提供できることを目標にしています。肺がんをはじめとして、手術が推奨される肺疾患、胸壁、縦隔病変に対する外科的治療が中心です。今まで病気らしい病気をしたこともなく、入院も今回の手術が初めてという方も多く、術前術後の不安や心配ごとが軽減できるよう、患者さんやご家族が納得できる説明・対応を心がけています。当科では外来診療も毎日行っておりますので、遠慮なくご相談下さい。

地域医療機関の先生方へ

常日頃より当科へのお力添えを頂き、大変感謝しております。2015年7月に新病院が開院して以来、地域の先生方のご協力も有り順調に診療に励んでいます。手術室が増設され、平日は毎日手術が可能となっています。肺の悪性腫瘍に対しては、診断から一ヶ月以内に手術が行えるよう配慮しています。気胸や外傷などの緊急施術は、麻酔科や集中治療部の協力もあり入院当日の緊急手術も可能になっています。

ご高齢の肺癌患者さんも年々増加しており、肺気腫などの肺疾患、糖尿病や心疾患などの合併症を伴う患者さんが多いのも当院の特徴です。術前術後の血糖コントロールや抗凝固薬の服用中止が術前に必要になる方など、我々呼吸器外科だけでは不十分な点を他科との緊密な連携で解決できるのも当院の強みです。

今後も皆様のお役に立てるよう呼吸器外科一同一層の努力を積み重ねていく所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。