ステントグラフト留置術

大動脈瘤とは

大動脈とは心臓から送りだされた血液を全身に届ける最大の動脈のことで、その大動脈が加齢などが原因で病的に拡張した状態を大動脈瘤と言います。大動脈瘤はほとんど症状なく大きくなっていき、ある一定の大きさを超えると破裂して大出血する可能性が高くなります。そのため破裂の可能性が高くなったら症状がなくても予防的に手術をする必要があります。手術の方法は2つあり、1つは従来からある胸や腹部を切開して動脈瘤を切除し人工血管に置換する外科手術で、もう1つはカテーテル治療であるステントグラフト留置術があります。

大動脈瘤のカテーテル治療(ステントグラフト留置術)とは?

足の付け根の鼠径部にある動脈からカテーテルという管を大動脈内にまで挿入し、その管を通してステントグラフトという特殊な人工血管を患者さんの動脈内に移植する方法です。このステントグラフトという人工血管にはステントという拡張する力のあるばねのような金属が固定されており、この拡張力を利用してステントグラフトを動脈瘤の前後の正常な動脈壁に圧着させます。圧着に成功するとステントグラフトの周囲の空間は血液が凝固して固まります。このような状態になると大動脈の圧力は動脈瘤の壁にかからなくなり、動脈瘤の拡大や破裂を予防することができます。

胸部大動脈瘤の治療例

胸部大動脈瘤の治療例

胸部大動脈瘤の治療例

腹部大動脈瘤の治療例

腹部大動脈瘤の治療例

腹部大動脈瘤の治療例

この治療の特色は?

この治療は胸や腹部を切開しないため、従来の外科手術と比較すると圧倒的に患者さんの身体への負担が軽く、低侵襲です。そのため高齢の患者さんや他の臓器の重い病気を合併している患者さんでも治療できるという長所があります。

一方で、全ての患者さんで治療可能となるわけではないという短所があります。すなわち上記のように動脈瘤の前後にステントグラフトを固定できる正常血管が存在することが必要であり、そのため動脈瘤の場所によっては本治療には不向きということがあります。

また、従来の外科手術と比べて歴史が浅いため長期成績が十分に解明されていないという短所もあります。最近になり手術に成功しても数年後に動脈瘤が拡大して再発することがあるということがわかってきました。報告にもよりますが、2割くらいの症例で拡大するとの報告もあり、放置した場合には破裂にいたります。そのため拡大する症例では追加のカテーテル治療が行われることが多いですが、難治性のことも多く最終的には開腹での外科手術を必要とすることもあります。

 

 

兵庫県立尼崎総合医療センターの大動脈ステントグラフト留置術では、以下のような工夫をしております。

当院の治療はここが違います ①

長期成績を改善するため再発予防の処置を行っています

本治療が日本で導入された当初は高齢者を中心に治療を行っていましたが、最近では比較的若年の患者様も本治療を希望されることが増えました。そのため当院では初期成功はもちろんのこと、再発のない長期の成功が重要と考え取り組んできました。すなわち数年前から手術中に再発予防の処置を施すようにしています。この処置を行った症例では今のところ再発を認めていないため非常に有効ですが、極めて難易度が高いため他施設の専門医からは「技術的に実施困難」と言われ、実施可能な施設はほとんどないのが現状です。当院では本処置が安全に施行可能となるよう当院オリジナルの方法を開発し良好な成績をおさめています。この予防処置の詳細については担当医に御確認ください。

当院の治療はここが違います ②

国内でもほとんどない「超」低侵襲な治療を実践しています

本治療で挿入するカテーテルは比較的太いため、一般的には鼠径部を外科的に切開して動脈を露出してカテーテルを挿入し、治療後に血管縫合して止血する必要があります。当院では多くの症例で皮膚や動脈に切開を入れずに穿刺してカテーテルを挿入し、縫合器を用いて止血する方法で行っており、傷がほとんどありません。そのため傷が痛んだり化膿する心配も低く、より早期の退院も可能になります。

術後の鼠径部の傷

術後の鼠径部の傷

更に、本治療は全身麻酔で行われることが多いですが、高齢や呼吸機能が低下した患者さんが多いことを考慮して当院ではほとんどの症例で局所麻酔での治療が可能です。これにより全身麻酔の負担や合併症を予防しております。

本治療は従来の外科手術と比較して患者さんの体への負担が少ないですが、当院ではそれを更に進化させて「超」低侵襲な治療が可能です。これには術者の経験や技術が必要となるため、実施可能な施設は全国でもほとんどありません。

破裂した大動脈瘤や、急性の大動脈解離も緊急で治療します

当院では動脈瘤が破裂してしまった救急患者様の受け入れおよび治療にも積極的に取り組んでいます。大動脈瘤は無症状のうちに徐々に拡大していきます。従って、検診等で発見されなかった場合は突然の激痛とともに破裂し救急搬送されます。動脈瘤が破裂するとその部位の体内で大出血を生じます。そのためショック状態で搬送される患者様も多いですが、当院では緊急でステントグラフト留置術や、それが不適な場合は心臓血管外科による手術を行っております。破裂した動脈瘤の場合には、通常は治療中も出血が持続するため結果として大量出血をきたし術後の回復に大きく影響します。これに対しては出血を制御しながら治療を完結する当院オリジナルの方法で良好な成績を収めています。また、動脈が破裂には至らないも、血管壁に亀裂が生じて発生する大動脈解離に対しても、ステントグラフト治療が最適と考えられる場合には緊急で実施して高い救命率を得ています。

腹部大動脈瘤破裂の治療例

腹部大動脈瘤破裂の治療例

腹部大動脈瘤破裂の治療例

腹部大動脈瘤破裂の治療例

ステントグラフト単独で治療が困難な場合はハイブリッド治療を行います

前述のように本治療は動脈瘤の前後にステントグラフトを固定できる正常血管が存在することが必要ですが、重要な枝が動脈瘤近傍から分岐している場合には、ステントグラフトを留置すると側枝を閉塞させてしまいます。このような場合には、当院の心臓血管外科によって側枝にバイパスを作成して血流を確保した上でステントグラフトを留置するというハイブリッド治療を行っています。

当院では開胸・開腹手術も可能な清潔度の高い手術室に、ステントグラフト留置に必要な最新式の血管造影装置を備えたハイブリッド手術室を完備しており、このようなハイブリッド手術が実施しやすい環境を整えております。

ハイブリッド手術の例1

ハイブリッド手術の例2

経験・実績が豊富な医師が全症例で責任をもって対応します

ステントグラフト留置術は開胸や開腹しての直視下で行う治療ではないため、手技の大半は術前に予測して計画しておく必要があります。どの種類のステントグラフトを、どのように留置すれば最も高い成功率が期待できるかを術前に十分に検討することが重要で、そのためには術者に多くの経験が必要とされます。本治療が日本で正式に導入されたのは2007年以降で、本格的に普及したのは2010年前後ですが、当院の担当医である当麻医師は京都大学附属病院で本治療が開始された2003年からの経験を有しています。また、当院および京都大学附属病院以外でも関西圏にある京都大学の主要な関連病院6施設(京都市2施設、大阪市2施設、神戸市1施設、滋賀県1施設)に出張での手術や指導を行うことにより各施設での本治療の立ち上げと普及に協力しており、1000例以上の豊富な実績を持っております。そのため安心して本治療を受けていただくことが可能です。