小児科

「子どもが第一」の小児科

新病院の小児科は、阪神地域における周産期医療・小児救急医療の中核病院として、また将来の小児医療を担う若い医師を育てる病院としての役割を担っています。そのためにも地域の病院・診療所と協力して、子どもの健康と安全を守る体制を築いていきます。小児の診療では、生命倫理や児童虐待などのさまざまな問題において難しい決断が必要なこともあります。そういう場合には、「子どもの最善の利益を第一に(Child First)」考えることを原則にしています。

兵庫県立尼崎総合医療センター 小児科 一般小児チーム集合写真

一般小児チーム

兵庫県立尼崎総合医療センター 小児科 新生児チーム集合写真

新生児チーム

小児科の診療

兵庫県立尼崎総合医療センター 小児科「子どもの最善の利益を第一に(Child First)考えることを原則にする小児の診療(リハビリ科、薬剤部、栄養課、放射線部、検査部、看護部とのチーム医療体制)」の図