研修医希望者へのメッセージ

当科は軽症から重症まで全ての疾患を受け入れながら、神経・精神、血液・腫瘍、アレルギーなどさまざまな専門分野での診療を行っています。当院で専門研修をうけることで、小児科としてのベースを固めるのと平行して、専門性を高めることができます。

小児の総合診療、PICUやNICUだけでなく、小児血液・腫瘍内科、小児脳神経内科、小児外科、小児循環器内科、小児脳神経外科、小児形成外科と、子どもの診療科がこれだけ揃っている市中総合病院は全国的にも稀な存在です。

専門研修の最初の2年間の内容は、小児総合診療科/小児感染症内科6か月、NICU/GCU4か月、小児救急集中治療科4か月、小児循環器内科3か月、小児血液・腫瘍内科2ヵ月、小児脳神経内科2ヵ月、地域病院小児科3か月が基本パターンとなります。

さらに希望者には、3年目には県立こども病院の小児放射線科・小児循環器科、済生会中津病院の小児科・免疫アレルギー科、京都大学医学部附属病院などでの研修スケジュールを個別にアレンジしています。

地域病院小児科の研修ですが、新専門医制度に則り、主に阪神地域の病院と連携し、特に乳幼児健診・予防接種などの小児保健に関する経験を積み、こどもの「総合診療医」として活躍できる力を身に付けられるプログラムとなっています。

問い合わせ先

兵庫県立尼崎総合医療センター 小児科の専門研修にご興味ある方は下記までご連絡ください。
臨床研修センター 研修担当秘書 田端友美
メールアドレス:info@agmc.hyogo.jp