診療実績

新病院開院以来、年間総手術件数は平均して1万件を超え、麻酔科管理症例だけでも6000例もの症例数になっています。また緊急手術の件数が多いのも特徴で、年間1000例を超える症例数になっています。

総手術件数

  2018年度 2019年度 2020年度
総手術件数 13419 14134 12459
麻酔管理症例数 6136 6303 5410
うち緊急手術症例数 1082 1020 1015

麻酔法別症例数

  2018年度 2019年度 2020年度
全身麻酔(吸入) 4455 4294 3326
全身麻酔(TIVA) 637 640 701
全身麻酔(吸入)+硬・脊、伝麻 548 690 697
全身麻酔(TIVA)+硬・脊、伝麻 52 82 105
硬膜外麻酔 14 0 1
脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA) 3 6 2
脊髄くも膜下麻酔 345 329 319
伝達麻酔 26 9 10
その他(局所麻酔・MAC) 56 253 249
総計 6136 6303 5410

麻酔種別に見てみますと、旧尼崎病院からの特徴であった呼吸器外科の症例が多く、年間200例を超える分離肺換気症例の他、新生児から超高齢者に渡る幅広い心臓血管手術症例が特徴です。また小児症例が多いのも特徴で、小児外科、小児心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、耳鼻科、形成外科など、多分野に渡る小児症例が年間600例近いペースで行われています。

特殊麻酔

  2020年度
胸部外科 293
心臓血管外科(1群) 155
心臓血管外科(2群) 212
小児麻酔症例(6歳未満) 561
帝王切開 301
脳神経外科症例 81

あらゆる麻酔に対応すべく、当院には専門性の高い麻酔科医が多数在籍しており(小児麻酔認定医:12名、心臓血管麻酔専門医:3名、JB-POT合格者:12名、PTeEXAM合格者:2名、集中治療専門医:3名)、安全な麻酔を提供できるよう日々研鑽を積んでいます。安心して麻酔を受けてください!