神経内視鏡手術

神経内視鏡手術

近年、脳神経外科では脳や神経の侵襲を最小限におさえる手術(低侵襲手術)を重視しています。その1つに神経内視鏡手術があります。神経内視鏡は脳内出血や水頭症、脳室内の腫瘍性疾患を治療する際に使用されます。当科でも神経内視鏡技術認定医が在籍しており、積極的にこの治療を行っております。

神経内視鏡を用いることにより、従来は開頭(頭蓋骨を大きく開ける)をしなければできなかった手術を内視鏡を用いることにより穿頭術(10mm程度の小さい穴)でおこなうことができます。その結果、手術時間が短縮した、侵襲をおさえた手術が可能となります。また、開頭では到達できなかった部分を手術することができるようになりました。

硬性鏡

それぞれカメラの先端の角度が異なり別の方向が見える。上から先端の切り口が異なり、それぞれ0度,30度,45度。

軟性鏡

ファイバースコープの先端が重要な構造物を避け深部まで到達可能。

内視鏡手術

内視鏡手術は頭に500円玉より少し小さい穴を開けるだけで手術が可能です

硬性鏡を用いた脳内血腫除去術

血腫がゼリーのように吸引管に吸引されている

神経内視鏡が特に有用な手術

脳内出血、脳室内出血

内視鏡による脳内出血の治療は最近発展している治療です。局所麻酔、場合によっては全身麻酔で低侵襲かつ血腫除去効果の高い手術が可能です。

閉塞性水頭症

髄液の流れがどこかでせき止められて髄液が脳室に溜まる水頭症を閉塞性水頭症と言います。従って、閉塞性水頭症の場合には、せき止められた脳室と脳室、または脳室とくも膜下腔(脳槽)の間に交通をつけることで治療することが可能です。

脳室内腫瘍生検・摘出

脳の奥深くの脳室内で、内視鏡観察下に腫瘍を採取して病理診断を行います。腫瘍の大きさによっては大部分を摘出することも可能です。