対象とする主な疾患

脊椎外科外来(担当:三浦医師・木村医師)

脊椎は体の中心を支え、脊柱管の中にある神経を守っています。部位が頸椎、胸椎、腰椎、仙椎と広範囲で、疾患も変性疾患、変形、化膿性脊椎炎、腫瘍、骨折など多岐に渡ります。従って、前方法、後方法、金属固定具を用いたインストゥルメンテーション手術など多くの手術方法があります。それだけ専門性が高く治療する側の技量、経験数により治療成績が違います。脊椎の手術は怖いと皆さんは思われているでしょう。それは神経を損傷すると元に戻らないことがあること、脊椎の周りには重要な臓器(血管や内臓)があること、疾患対象者が高齢者に多いため手術以外の不測の合併症を引き起こすことがあるからだと思います。このような治療リスクを少しでも軽減するためには、内科を始めとする充実した他科とのバックアップ体制の整った病院で脊椎専門医による治療が望ましいと考えます。当科では充実した他科との連携のもと、経験豊富な日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医3名で保存治療から手術治療まで行っています。

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアは腕の痛みやしびれ、筋力低下をきたす場合や、圧迫が高度の場合は歩行障害をきたすことがあります。手術をお勧めするのは四肢の筋力低下や運動障害をきたした場合と、保存治療で症状が治らない場合です。手術は頸椎前方除圧固定術を行い良好な成績を得ています。

頸椎症性脊髄症

加齢性の変化で頸椎の脊柱管が狭窄することで両手の運動障害、歩行障害をきたします。保存治療で改善する見込みはあまりない疾患ですので、手の細かな動作が困難になったり躓きやすくなったりと、日常生活動作に支障を来す場合は手術をお勧めいたします。手術方法は頸椎椎弓形成術、頸椎前方除圧固定術、頸椎後方除圧固定術があり、年齢、生活スタイル(職業)、圧迫している部位、頸椎の配列など考慮して決定しています。

頸椎症性神経根症

加齢性の変化で頸椎椎間孔狭窄による神経根の圧迫で上肢の痛み、しびれ、筋力低下をきたします。年齢、生活スタイル、圧迫部位、頸椎の配列などを考慮して頸椎前方除圧固定術または頸椎後方椎間孔開放術を行っています。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは下肢の痛み(いわゆる座骨神経痛です)、しびれ、筋力低下をきたします。基本的に保存療法(鎮痛剤、ブロックなど)を行いますが、痛みの程度が強い場合、保存治療に抵抗性の場合、麻痺が高度な場合は手術をお勧めいたします。術式は内視鏡下または顕微鏡下椎間板ヘルニア摘出術を行っています。

腰部脊柱管狭窄症

加齢性の変化で脊柱管が狭窄し、下肢のしびれ、痛み、間欠性跛行(歩行に伴い下肢症状が強くなるため休憩が必要となる状態)、排泄障害をきたします。保存的治療(薬、ブロック)の効果がない場合手術をお勧めいたします。腰椎に不安定性がない場合は椎弓切除術という椎弓の一部を削り神経の圧迫を取り除く術式を選択します。すべり症などの腰椎に不安定性がある場合、変性側弯症や椎間孔狭窄が原因の場合は固定術を行っています。

脊柱変形

若年者に発症する特発性側弯症、中高年に発症する変性側弯症、後弯症に分けられます。若年者の場合は症状がなくても将来的に問題となる程の側弯が高度の場合矯正固定術をお勧めいたします。中高年に発症する脊柱変形に対しては変形のために日常生活が困難な状態であれば矯正固定術をお勧め致します。

椎体骨折

転落など若年者でも起こる高エネルギー外傷による骨折と、高齢者に起こる骨粗鬆症性骨折に分けられます。損傷が高度で脊椎支持性がない場合、下肢の麻痺など神経症状がある場合は脊椎固定術を行います。骨粗鬆症性骨折に対して低侵襲な経皮的椎体形成術も行っています。

胸椎疾患

頸椎、腰椎疾患に比べると頻度が低いですが、黄色靭帯骨化症、後縦靭帯骨化症で下肢がしびれて歩行できなくなることがあります。病態にもよりますが、胸椎後方除圧固定術を行っています。

手術支援ナビゲーションを用いたインストゥルメンテーション(金属固定具を用いた内固定)手術

頸椎の手術、特に転移性骨腫瘍、頸椎骨折、環軸椎亜脱臼、高度変形をきたした方に対して金属固定具を使用しますが、頸椎に対して金属固定具を設置するのは椎骨動脈損傷、脊髄損傷などを引き起こす危険性を伴います。これらの合併症を引き起こさないようナビゲーションシステムを用いて正確に金属固定具を設置しています。

人工関節外科外来(担当:和田山医師・小林医師)

H29年には股関節・膝関節併せて111例の人工関節置換術を行っております。人工股関節症例の主たる原因は変形性股関節症、大腿骨頭壊死、股関節周辺骨折の後遺症です。大腿骨頭壊死は大腿骨の付け根に循環障害が生じ、骨が体重を支えきれずに潰れてくる疾患で、アルコール多飲とステロイド薬による治療を誘因とすることが多い疾患です。お酒をよく飲んだり、ステロイド治療を受けておられて、股関節の痛みを感じた場合には大腿骨頭壊死の可能性があります。レントゲンでは初期病変が見逃される事がありますが、MRIを撮れば診断可能です。人工膝関節の原因疾患はO脚(内反膝変形)の特に女性の方の加齢現象である変形性膝関節症が多く、他に関節リウマチや膝周辺の骨折の後遺症、半月板や靱帯損傷の後遺症があります。

骨切り術について

O脚(内反膝変形)で関節の破壊の程度がそれほど強くない例では人工関節ではなく、膝関節のすぐ下で脛骨の骨切りを行い、O脚を矯正する骨切り術が有用です(脛骨高位骨切り術)。また臼蓋形成不全(骨盤の骨の発達が不十分なために、股関節のバランスが悪くなった状態)が原因で初期の変形性股関節症となった方に対しては骨盤骨切り術を他院の医師にご指導を仰ぎながら行っています。

人工関節について

人工関節に関しては、当科では30年以上の歴史があります。人工関節は年数を経過すると中に入れた人工物(インプラントと言います)が、摩耗したり、骨との間に緩みが生じたりする不具合が生じることがあります。当院では人工関節の長期成績向上のため、鋭意努力を続けておりますが、それでも経年的に人工関節が傷んでくる症例が存在します。その場合入れ替えの手術(再置換と言います)が必要になる場合があります。当院でも歴史を積み重ねるに従い再置換の症例が増えてきました。再置換術を行なうに当たっては、症例により骨欠損の補填が必要な場合があり、その場合の同種骨(手術の際に他の患者さんの不要になった骨)の調達がネックとなっていましたが、平成18年6月に院内ボーンバンクを設立し、この問題を解消することが出来ました。しかしながら人工関節の手術には合併症も多く、整形外科だけではなく循環器や呼吸器、内分泌といった全身の状態を管理が大切です。当院にかかりつけの患者さんの多くは色々な合併症を持っておられることが多いため、各科の協力のもと安全に手術を行うことを目指しています。

2018年12月より人工股関節は前方アプローチを導入します。前方アプローチは筋肉を含めた股関節周囲軟部組織の損傷が他のアプローチより少ないため、術後の早期回復が期待できます。人工股関節前方アプローチについては和田山(月・水)外来でお尋ねください。

肩・膝・関節鏡・スポーツ外来(担当:猪坂医師・小林医師)

様々な外科的手術において、身体の負担の少ない低侵襲の手術が近年求められています。その代表的なものが内視鏡を用いた手術です。整形外科の分野では関節内を内視鏡でみながら処置を行う関節鏡視下手術があります。以前は大きく関節内を切開して行われていた手術も手術器具および技術の進歩によって、小さな皮膚切開で手術が出来るようになりました。
関節鏡視下手術とは、各関節の周囲にわずか6~7mmの皮膚切開を数か所行い、この小さな出入り口(ポータル)から細いカメラや手術器具を関節内に入れて行う手術のことです。関節鏡視下手術では、皮膚を切る大きさが劇的に小さいばかりでなく、関節周囲の健常な筋肉なども傷つけることなく手術が行えるため、術後の痛みが少なく、機能の回復が早いことが分かっています。
当科では、最新の関節鏡手術器具・設備を整え、まだあまり一般的には行われていない肩関節の関節鏡視下手術を含めて、様々な関節の鏡視下手術を行っています。鏡視下手術には、肩関節・膝関節・その他の関節(足・股)の鏡視下手術や鏡視下手根管開放術などがあります。

肩関節外来:担当 猪坂医師

近年“肩が痛い”や“肩が挙がりにくい”と訴える方が多くいらっしゃいます。五十肩と言われ、症状に苦労されている方も多いと思います。その原因として肩を挙上する“腱板”と言う筋肉が損傷(腱板損傷)していることがあります。中高年の方々に多く認められます。軽いものは関節内に注射をしたり、理学療法(運動療法、物理療法)で軽快しますが、症状が改善しない場合には腱板を修復する手術が必要となります。以前は肩関節を大きく切開しての腱板の修復を行っておりましたが、現在は関節鏡による手術を行っております。
また関節鏡の導入により、様々な肩関節の病態がわかってきました。関節の中には“関節唇”というタコの吸盤のような組織や上腕関節靭帯という組織があり、関節の安定性に関与しています。これらの組織が何気ない日常生活の動作の中で損傷し、肩関節の痛みが出現します。ボールを投げたり、ベンチプレスを持ち上げる動作でも関節唇は損傷することがあります。3ヶ月以上疼痛が続く場合には、単なる肩関節の炎症ではなく、このような組織が損傷していることもあります。損傷の程度によっては、リハビリだけでは改善しない場合もあり、関節鏡視下の手術が必要になることもあります。 H29年には84症例の肩関節鏡視下手術を行いました。

治療対象疾患
腱板断裂

日常生活動作の中で損傷する場合もあれば、事故や怪我などで損傷する場合もあります。腱板が損傷すると肩のバランスがくずれて、肩の痛みと挙上障害を生じます。断裂には小さなものもあれば、非常に大きなものもあります。また、完全に断裂してしまう場合もあれば、部分的に断裂する場合もあります。保存的治療でも症状が改善しない場合には手術が必要になります。当院では鏡視下腱板修復術を行っております。
広範囲の腱板断裂で残っている残存腱板の筋萎縮が強い場合には、大腿部の筋膜を移植する鏡視下上方関節包再建術やリバース型人工肩関節置換術を行っております。

反復性肩関節脱臼

10代や20代の頃に肩が脱臼すると、その後簡単に何度も脱臼するようになってしまいます。このような状態を反復性肩関節脱臼といいます。リハビリを行えば、脱臼しないようになることはありません。このため、当院では鏡視下バンカート修復術を行っております。また何回も脱臼していくと、脱臼するたびに骨がなくなっていくことがあります。その場合には、骨移植をする必要があります。我々は鏡視下バンカート・ブリストゥ法を行っております。

肩関節唇損傷

ささいな怪我で肩に負担がかかり、関節唇が損傷することがあります。また、投球動作により関節唇が損傷することもあります。リハビリなどで症状が改善することもありますが、損傷した関節唇は治らないこともあります。症状が改善しない場合には、鏡視下肩関節唇修復術を行います。

肩関節拘縮

五十肩や腱板断裂などを放置すると、肩関節が動かなくなってきます。肩が動かなくなると、強い夜間痛が出たり、動きが悪くなるために日常生活動作に支障を来すこともあります。リハビリを行っても、症状が改善しない場合には、鏡視下肩関節授動術(全周性関節包切離)を行っております。

上腕骨頚部骨折

高齢になると骨粗鬆症になり骨折しやすくなります。高齢者の場合、転倒して肩を受傷すると、上腕骨頚部骨折を起こします。様々な骨折のパターンがあり、保存的に治療できるものもあれば、手術が必要になることもあります。手術は骨折のパターンにより、鏡視下骨接合術・観血的骨接合術(プレート固定・髄内釘)・人工骨頭置換術などを行っております。

肩鎖関節脱臼

肩を強打すると肩鎖関節が脱臼することがあります。脱臼の程度により、保存的治療で問題ないものもあれば、手術が必要な場合もあります。手術の場合には、当院では、鏡視下もしくは観血的肩鎖関節整復術を行っております。また、陳旧性の肩鎖関節脱臼の中に肩鎖関節障害がある場合には鏡視下鎖骨遠位端切除術なども行っております。

膝関節外来(担当:小林医師)

膝関節の痛みは日常生活やスポーツの中で、多くの方が経験されていると思います。膝関節は、大腿骨と脛骨の膝蓋骨で構成されており、4つの大きな靭帯で安定しています。また、関節内のクッションの役割である軟骨や半月板も存在します。これらの組織がスポーツや事故などの大きな外力によって損傷する場合もあれば、加齢性変化により徐々に損傷する場合もあります。様々な損傷の程度があり、症状も様々です。当科では診察を行い、必要な検査のもと、治療方針を患者さんと話しあって決めていきます。保存的治療でも症状が改善しない場合には、関節鏡を使用した手術治療を出来るだけ行うようにしています。

主な膝関節疾患
半月板損傷

半月板損傷には一度のきっかけで受傷する外傷性断裂と、大きなきっかけなく症状を自覚する変性断裂があります。症状は膝のひっかかり感や痛み等です。ひどい場合は膝を伸ばすことができなくなります。リハビリや抗炎症剤の投与で症状が改善する場合もありますが、そうでない場合は手術を行います。手術は断裂の状態に応じて、関節鏡を用いて半月板切除または縫合を行います。

前十字靭帯(ACL)損傷

前十字靭帯損傷はスポーツでタックルをうけて膝をひねったり、ジャンプの着地や急な方向転換の際に受傷します。その際、膝は一旦腫れますが、1カ月程度で炎症はおさまり、日常生活には支障がないこともあります。しかし、前十時靭帯が損傷すると、膝関節の前方の不安定性が出現します。損傷したままで、スポーツに復帰すると再び腫れをおこし、半月板や軟骨に合併損傷をおこしてしまいます。そのためスポーツをされる方には特に手術をお勧めします。当科では鏡視下に半腱様筋腱や薄筋腱を使用して靭帯再建術を行っております。

後十字靭帯(PCL)損傷

交通事故でダッシュボードで膝を強打したり、バイク事故で膝を強打すると、後十字靭帯が損傷します。後十字靭帯が損傷すると、膝関節の後方の不安定性が出現します。損傷の程度によって、症状の強さが違います。膝の裏がだるくなったり、疼痛が出現します。また、階段の昇り降りも困難になったりします。損傷の程度が強く、症状も強い場合には、手術が必要になります。当科では鏡視下に半腱様筋腱や薄筋腱を使用して靭帯再建術を行っております。

膝関節拘縮

骨折や手術後に膝関節の動きが悪くなることがあります。リハビリを行っても動きが改善しない場合には、当科では鏡視下に関節内の授動術を行っております。

離断性骨軟骨炎

外傷やスポーツによる障害、血行障害などにより、関節軟骨の一部が壊死を起こす病気です。診断にはMRIが必要になります。壊死の進行程度により治療方針が変わります。当科では手術が必要な場合には、その状態に合わせて、鏡視下関節内遊離体摘出術・鏡視下ドリリング・鏡視下軟骨移植術(mosaicplasty)などを行っております。

反復性膝蓋骨脱臼

一度膝蓋骨を脱臼すると、その後、膝蓋骨が外側に脱臼しやすい状態になる場合があります。階段の昇り降りに支障を来すこともあります。脱臼の回数や程度によっては、手術が必要な場合もあります。当科では半腱様筋腱を使用した内側大腿膝蓋靭帯(MPFL)の再建術や脛骨粗面前内方移行術などを行っております。

膝蓋内側滑膜ひだ障害(タナ障害)

膝を曲げ伸ばしする時に“コリッ”と音がなり、膝の痛みが出現します。これは関節内にある滑膜ひだが、関節内で引っかかることが原因です。保存的治療でも症状が改善しない場合には、鏡視下に、この滑膜ひだを切除します。

骨粗鬆症

わが国では高齢化が人類史上例を見ない速さで進展しており、骨粗鬆症対策の重要性が増しています。骨が脆くなっていれば骨密度を増やす良い薬がありますので、それを処方します。薬物療法により次なる骨折(再骨折)の予防がある程度可能です。薬物治療の目的は次なる骨折の予防なのです。薬物には内服薬と注射薬があり、内服薬の中には毎日ではなく1週間に1回の服用や1ヶ月に1回の服用といったものもあります。注射薬では持ち帰りによる自己皮下注射と1週間に1回医療機関での皮下注射があります。半年に1回で済む皮下注射も開発されました。骨粗鬆症は閉経後や高齢の女性に特に頻度が高い疾患です。骨粗鬆があると骨が脆いためにほんのちょっとした怪我(転倒、尻餅、打撲)により骨折する事があります。骨折が起こりやすい部位は背骨(脊椎)、股の付け根(大腿骨近位部)、肩(上腕骨近位部)、手首(橈骨遠位端)です。脊椎骨折ははっきりとした原因(転倒、尻餅、重量物の挙上等)が無くても起こります。脊椎、大腿骨近位部骨折を生じると寝たきりの原因となり、大腿骨近位部骨折を生じると1年以内に10~35%の方が亡くなるという統計もあります。高齢の女性で最近背中が痛くなってきた方、自分が骨粗鬆症ではないか心配な方は是非受診して下さい。骨密度検査と腰椎のレントゲンで診断が可能です。薬物治療により骨折しにくい体作りが可能となります。

関節リウマチ(担当:和田山医師)

手術療法以外の保存療法ももちろん力を入れています。たとえば関節リウマチの薬物療法は近年目覚しく進歩しており、メソトレキセートと生物製剤を併用することによりもしくは生物製剤単独で、かなり重症の方でもリウマチの炎症を鎮静化させることができるようになりました。生物製剤も7種類に増え、投与方法(点滴、皮下注射)、投与間隔(毎週~8週間毎)もいろいろと選択可能です。高価な薬剤ではありますが、高額医療費の減免の制度もありますので、お気軽にご相談頂ければと思います。こういった治療も、リウマチによる関節破壊が進む前の方が有効性が高いので、リウマチでお困りの方は早めに受診していただくことをお勧めします。

外傷外科(骨折)

手術は年間442件行いました。先程も述べた高齢者の大腿骨近位部骨折や橈骨遠位部骨折などが頻度の高い骨折です。大腿骨近位部骨折は歩行時に体重が掛かる部分の骨折であるため、放置することが出来ず、手術が原則となります。その場所に専用の骨折部位を固定する金具を入れる手術が2/3、骨折した部位(大腿骨頭)を人工物で置き換える手術が1/3程度を占めています。当院では高齢者に多い合併症に注意しながら必要であれば内科との連携を図り受傷後なるべく早期に手術を行い、なるべく早期にリハビリテーションを開始するように心がけています。大腿骨近位部骨折で手術した患者さんについては地域連携システムが構築されており、術後病状が安定化すればリハビリテーション専門の病院に転院して歩行訓練をして頂くようになっております(大腿骨頚部骨折地域連携パス)。又それ以外の部分の骨折に関しても、近年開発された骨折部位に適合した金具を用いて強固な内固定を行い、術後の早期リハビリテーション、早期社会復帰を図っています。