研修希望者へのメッセージ

研修希望者へのメッセージ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科専攻医3年目 初川博厚

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、扱う領域が極めて広く、それぞれの分野の専門性が高いことが特長です。多彩な手術治療に加え、めまいや感染症などの内科的治療、頭頸部がんの放射線治療や化学療法なども行います。鼻出血や上気道狭窄など、救急外来で緊急の対応を行う場面もあります。興味やワークスタイルに応じて自分に合った道を選ぶことができるのが、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の最大の魅力と感じています。

当院ではこれらの領域のすべてを扱っているため、専攻医として必要な技能・知識を十分に習得できる環境が整っています。当院で見ることのできない疾患はほとんどありません。口蓋扁桃摘出術や気管切開術など、主に専攻医が執刀医として経験する症例が数多くあり、上級医の指導を受けながら手技を磨くことができます。進行頭頸部がんに対する手術など難易度の高いものでは、主治医として診療に当たることで、治療方針決定から手術手技、術後管理にわたるまで広く学ぶことができます。日々の診療のなかで生じる疑問点などは、いつでも上級医に相談できる環境にあり、さらに毎週のカンファレンスでも助言や指導を受け、フィードバックも充実しています。

非常に恵まれた環境で研修をさせていただいていることをありがたく感じつつ、日々精進を続けています。一緒に楽しく働ける先生方をお待ちしています。興味のある医学生、初期研修医の皆さんは、気軽に見学にお越しください。