鼻副鼻腔疾患

アレルギー性鼻炎

くしゃみ、鼻水、鼻づまりがひどい場合、まずは内服薬や点鼻薬による治療を行いますが、それでも症状の改善が不十分な場合、当科では積極的に手術を勧めています。内視鏡下鼻中隔矯正術および粘膜下下鼻甲介骨切除術、後鼻神経切断術を同時施行することにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりのすべての症状を劇的に改善させることが可能です。特に後鼻神経切断術に関しては、術後出血リスクの軽減、鼻内の生理的血流保持の目的に、血管を温存し神経のみを選択的に切断する術式で行っています(以前は神経と血管を内視鏡下に分離することが困難でしたが、最新のハイビジョン内視鏡システムを導入することで可能になりました)。また、後鼻神経切断術は、アレルギー素因のない血管運動性鼻炎に対しても一定の有効性が示されており、当科でも重度の鼻水でお困りの方にはお勧めしています。

後鼻神経切断術"

慢性副鼻腔炎

内服治療など保存的加療で効果のない慢性副鼻腔炎に対して、内視鏡下手術により副鼻腔を開放し病変の清掃を行います。慢性副鼻腔炎の中でも近年増加傾向の著しい好酸球性副鼻腔炎は、難治性であり手術を行っても再発率が高く、平成27年に厚生労働省の指定難病となりました。当科ではこの好酸球性副鼻腔炎に対して、術前内服治療+手術(すべての副鼻腔を徹底的に清掃するとともに鼻腔・副鼻腔を理想的な形態に是正(単洞化))+術後管理(内服・点鼻治療および鼻洗浄の指導など)という治療方針により再発率を軽減しています。また、ナビゲーションシステムを標準装備しており、安全な手術を心がけております。また、一般的には鼻副鼻腔の術後処置(ガーゼの抜去や鼻内清掃処置など)には苦痛を伴いますが、当科では新しい方法(銀イオン付加カルボキシメチルセルロース塩の使用)により術後創部の治癒促進および鼻処置の不要化(少ない通院回数)、苦痛の軽減を実現しています。好酸球性副鼻腔炎が疑われる場合には、初診時に、CT、血中好酸球数測定、鼻内ポリープ生検による好酸球数カウントなどの確定診断に必要な検査をすべて行い、患者さんに速やかに指定難病申請手続きをしていただき医療費助成を受けられるように配慮しています。

好酸球性副鼻腔炎

ナビゲーションシステム

鼻副鼻腔腫瘍

鼻副鼻腔には、悪性、良性を含むさまざまな腫瘍が発生します。進行した悪性腫瘍に対しては顔面皮膚切開による根治手術を施行することもありますが、基本的には顔面に傷をつけずに内視鏡下の摘出術を行っています。難易度の高い内視鏡下鼻副鼻腔手術V型(拡大副鼻腔手術)の施設基準を当科は取得しており、たとえば前頭洞深部に進展した副鼻腔内反性乳頭腫のような難治性疾患に対しても内視鏡のみでの腫瘍摘出を行っています。また、拡大手術においてもできるだけ鼻涙管や鼻甲介などの構造物を温存して術後の流涙や鼻機能低下を防いています。鼻と脳の境界に生じる頭蓋底悪性腫瘍に対しては、顔面皮膚切開をせずに開頭および内視鏡下操作による腫瘍摘出(脳神経外科との合同手術により)を行っています。

内視鏡下鼻副鼻腔手術V型の術後

鼻性視神経症

副鼻腔炎や副鼻腔嚢胞の感染などにより視神経に炎症が波及し急激な視力低下を来す疾患です。治療が遅れると失明のおそれがあり、一刻も早く手術で病変の除去、視神経の開放が必要となります。当科では、このようなケースに対して、受診して数時間以内には内視鏡手術(視神経管開放術)を施行するようにしています。 。

内視鏡下視神経管開放術