科長ご挨拶(宮崎)

兵庫県立尼崎医療センター眼科部長、眼科科長(涙道・一般眼科担当) 宮崎千歌よりご挨拶

ご挨拶

尼崎病院と塚口病院が統合し、それぞれの病院の特徴としていた診療分野が 統合され、前眼部疾患から、白内障に代表される水晶体疾患、眼付属器の涙道疾患、後眼部疾患に至るまで、すべての領域に対応できる眼科となります。また、斜視弱視診療、ロービジョン診療には、眼科診療では重要な役割担う視能訓練士とともに対応をいたします。日々の眼科診療を誠実に行い、受診される患者さん、地域医療機関の信頼を得られるような眼科となるよう心尽くします。よろしくお願いいたします。

患者さんへのメッセージ

見にくい、涙がでる、目やにが出る、乾いた感じがする等、日々の生活の中でいろいろな眼の悩みがあります。最新の検査機器でしかわからない病気もあります。いろいろな分野の医師があなたの悩みを解決していきます。そのなかで涙や涙の通り道の診療は、当院での特徴となっています。眼ことで困られている方、どんなことでも、どうぞ眼科を受診し、ご相談ください。

ご紹介いただく先生方へのメッセージ

統合後は尼崎病院、塚口病院で対応しておりました疾患は引き続き診療させていただきます。地域医療室を通じて診療予約をとっていただくほか、診療に対するご相談に常時対応していきたいと考えています。遠方から来られます涙道疾患の診療に対しては、なるべくご負担のない診療方法を考えますので、ご相談ください。小児涙道疾患診療についても、日帰り全身麻酔での手術対応が可能となり、幅広い診療を提供できるようになりました。質の高い医療を提供していくため、今後も日々努力します。今後ともよろしくお願いします。