ご挨拶

最先端の放射線機器を用いて、診断から治療までのサポートを提供

放射線部門では、高度専門医療に迅速かつ的確に対応できるように、最新の画像診断機器等を整備し、医師、看護師、診療放射線技師、医療事務職等の多職種が連携して安全・安心な質の高い医療を提供できるよう日々努めています。

放射線技師の専門性と各種装置を駆使しながら、一般X線撮影部門、CT検査部門、MRI検査部門、カテーテル等を使用し検査・治療を行なう血管内治療部門、放射性医薬品を使用した核医学検査、悪性腫瘍等を対象とした放射線治療など、部門制を強化しています。

24時間365日、安心で安全な質の高い医療を提供できるように、確実な始業終業点検と専門業者の定期点検を実施し、X線機器の性能維持や安全確保に努力します。PET-CTや強度変調放射線治療が可能な最新の装置を設置し、患者さんからのご信頼に応えられるよう専門認定技師の積極的な取得と資格の更新に努めます。新設される救命救急センターでは、全身を15秒以内で撮像可能な最新CT装置が新規導入され、X線による被ばくにも配慮した低線量撮影が可能となります。