リハビリテーション部の業務

リハビリテーション部では以下のような多岐にわたる業務を行っています。

心臓リハビリテーション

2階循環器内科の外来診療エリアに専用の心臓リハビリ訓練室を備えています。心臓リハビリ訓練室では、呼気ガス代謝モニタシステムや心電・血圧・呼吸モニタリング装置などの機器を導入し、循環器疾患をお持ちの患者さんに運動指導を行っています。心臓リハビリテーションで大切な事は運動だけではありません。病気に対する正しい知識と生活習慣の見直しと改善があってこそ、スムーズな社会復帰や病気の再発・悪化の予防となります。当院では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・健康運動指導士がチームとなり患者さんの一人一人の生活にあわせ訓練、指導・説明を行っています。

救急集中治療(EICU)におけるリハビリテーション

救急集中治療室(EICU)は病気になって間もない患者さんや救急車にて搬送された直後の患者さんなど重篤な患者さんが入院されています。患者さんからは「こんな状態でリハビリテーションなんて」と驚きの声をよく聴きますが、重篤な患者さんほど病気の回復には適切な治療・運動・安静・ケア・時間が必要とされます。リハビリテーション部では入院直後より、関係各科と回診・カンファレンスを行い、患者さんの病態に応じたリハビリテーションや生活支援を実施し、一般病棟・自宅生活にスムーズにつなげられるよう取り組んでおります。

日常生活動作(活動と参加)/意思伝達支援

病院から自宅へと生活の場が変化するのに伴い、患者さん自身の役割も大きく変化していきます。退院後の生活にスムーズに適応できるよう、当院では早期より家事動作訓練等を積極的に行っています。当院では日常生活室を完備しており、男性・女性に問わず、実際の環境を想定し練習・指導を行っています。
また、疾患の影響により話す・書くなどコミュニケーション障害をきたした患者さんに意思伝達装置をはじめとしたコミュニケーション方法の評価・練習・指導を地域連携室・難病相談センターと連携しながら行っています。

言語聴覚(音響分析)

主として口蓋裂に伴う構音障害に対して、音響分析を用いて訓練を行っています。言語聴覚士が音響分析を用いて、音声の評価を定量的に評価し、評価者の聴覚印象評価を音響学的特徴から確認することができます。また視覚化、数値化することで、評価や訓練効果を患者さんと共有しやすくなるという利点があります。

言語聴覚療法

失語症や構音障害などのコミュニケーションの障害ならびに高次脳機能障害に対する評価・治療を行います。また、耳鼻科医師の指示のもと嚥下チームの一員として摂食・嚥下障害の評価、訓練に取り組んでいます。

小児リハビリテーション

主に入院・外来の患者さんに対し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士が小児部門(療育)のリハビリテーションを行っております。院内の関係各科はもとより、近隣の療育センターや関連機関(保健所、福祉、学校等)と連携を取りながら、入院および外来での機能訓練・フォローアップ等を行っています。

音楽療法

音楽療法とは「音楽の持つ、生理的、心理的、社会的働きを、心身の障害の軽減回復、機能の維持改善、生活の質の向上、問題となる行動の変容を図る」ことを目標に行います。言い換えると、「音楽の持つ効果を利用・活用し、患者さんの心身状態の改善を図る」ことを目標としています。声を出す、リズムを取るといった身体的な効果は基より、病気や入院によるストレスの軽減、情緒面の発達を促通する、認知機能の改善など幅広い効果が期待されています。1960年代頃より普及しはじめた、新しい領域のリハビリテーションでありますが、当院では神経内科医師および小児科医師と連携し、積極的な訓練を行っております。

チーム医療への参加

  • 褥瘡対策チーム(PT,OT)
  • 栄養サポートチーム(ST)
  • 呼吸ケアサポートチーム(PT)
  • 認知症、せん妄サポートチーム(OT)
  • 排尿ケアチーム(PT)