科長ご挨拶

兵庫県立尼崎医療センター歯科口腔外科科長 藤村和磨よりご挨拶

地域の皆様へ

当科につきまして

2013年から塚口病院での準備期間を経まして、2015年7月に当院開院と同時に新設しまして、今年でもう6年が経ちました。これまで多くの皆様にご支援とご協力を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。

当科は京都大学医学部口腔外科学教室の連携施設です。そのため、スタッフは当教室から定期的に異動がありますが、その都度診療体制をリフレッシュしています。

対象疾患は、顎顔面外傷、口腔腫瘍、顎関節疾患、顎変形症、歯性感染症、顎骨再建外科(骨再生を含む)、口腔粘膜疾患、唾液腺疾患(耳下腺を除く)、有病者の口腔外科治療などです。また、意思の疎通がとりにくい障害をお持ちの患者(患児)さんや歯科恐怖症の患者さんは、全身麻酔下での外科的治療や歯科治療(1回で終了できる治療です)をしています。精神的疾患をお持ちの患者さんは、精神科病棟に入院を依頼して全身麻酔下での外科治療を致します(この場合は予め相談してください)。

時間外の診療につきまして

時間外の診療はしていませんが、月水金(手術日)は担当医が当直しています。また、火木土日はオンコール体制(自宅待機体制)をとっています。診療内容は、外傷など早急に処置が必要な口腔外科疾患の患者さんが対象です。救急科での基本診察の後に当科担当医が連絡を受けて病院に行きますので、診察まで1時間程度かかりますがご容赦をお願いします。ただし、歯痛など歯科治療は設備上することが出来ません。

歯科研修医および学生実習の受け入れについて

当院は日本口腔外科学会研修施設、日本顎関節学会研修施設、日本小児口腔外科学会研修施設、日本口腔科学会研修施設として、また、歯科医師臨床研修指定病院として研修をしていただいています。また、歯科衛生士学校の2年生、3年生の臨床実習生受け入れています。

病診連携としての周術期口腔機能管理につきまして

地域の歯科医院と当院がん診療科がスムーズに連携できるように、いくつかの課題の解決に今後も努力します。

地元のニーズにこたえられますように、なお一層の努力をしていきますので宜しくお願い申し上げます。