科長ご挨拶

兵庫県立尼崎医療センター歯科口腔外科科長 藤村和磨よりご挨拶

地域の皆様へ

歯科口腔外科は、2013年4月から塚口病院で2年間の準備期間を経て、2015年7月に新病院にて新しく開設された診療科です。口腔外科診療を専門に行います。対象疾患は、歯性感染症、口腔腫瘍、顎関節疾患、顎変形症、顎顔面外傷・顎骨骨折、顎骨再建外科(骨再生を含む)、嚢胞、口腔粘膜疾患、唾液腺疾患(耳下腺を除く)、有病者の口腔外科治療などです。また、障害者または障害児での全身麻酔下での歯科治療もしています。精神的疾患をお持ちの患者さんは、精神科病棟に入院を依頼して全身麻酔下での外科治療を致します(この場合は予め相談が必要です)。

口腔外科疾患で当院救急部に受診された患者さんには、オンコールおよび当直体制で24時間365日対応いたします。特に、月水金は手術日で当直体制をとっています。

当科は、今後人材の育成にも力を入れていきます。日本口腔外科学会研修指定病院、日本顎関節学会顎関節症専門医研修病院、歯科医師臨床研修指定病院として、若い歯科医師を受け入れています。また、歯科衛生士学校の学生実習もおこなっています。

病診連携の一端としての周術期口腔機能管理では、当院のがん診療科と地域の歯科医療施設との連携を深める努力をしていきます。

今後、地元のニーズにこたえられますように、なお一層の努力をしていきますので、よろしくお願い申し上げます。