研修医希望者へのメッセージ

後期研修医希望者へ

当科の後期研修医は① 総合診療部門② 救急部門の2科においてそれぞれ募集します。総合診療部門では日本内科学会総合内科専門医を、救急部門では日本救急医学会救急科専門医の取得が可能です。所属科は2部門ともER総合診療科となります。

総合診療部門

病院の理念として掲げられている「紹介・救急を断らない医療」を実践するための最前線を担当する科と認識しています。

① 病院の窓口としての総合診療外来

診断のついていない初診患者を診る病院としての窓口としてだけでなく、入院患者や救急で診た患者のfollowを行います。後期研修1年目から外来を担当します。

② 多岐にわたる入院診療

各種感染症患者を中心に、原因のはっきりしない病状の患者、他科の全身状態管理など多岐にわたる診療を行います。感染症に関しては感染症内科医の指導の下診療を行っています。病棟業務においては2チーム制を敷いており、数人を主治医として担当するだけでなく毎朝のチームカンファレンスを通じてチーム内の患者についても把握し、症例経験数を増やします。休日は当番医制を敷いており、病棟当番医以外の医師はなるべく休めるように配慮しています。

③ 救急初療

3次中心の救急ではなくER型で運営していますので、1次~3次全ての患者を診ます。多数の救急患者を経験するだけでなく、後期研修2年目には3ヶ月間のEICUでの集中治療研修、3年目には救命救急センター初療部門を統括する責任医ができることを目指します。

④ 院外研修

関連病院として神戸市立医療センター中央市民病院、公立豊岡病院の総合内科と連携しています。後期研修2年目に6ヶ月関連病院での研修があります。

⑤ 教育担当者として

当科は若手医師の教育担当部門としての責務を負っていると自負しています。科内では屋根瓦方式をとっており若手医師の指導役を担いますが、他科の若手医師やコメディカルともカンファレンスや講習会などを通じて積極的に交流を持ち指導をしてもらいます。教えることによってさらに自分がスキルアップしていきます。

⑥ その他

院内には多くの委員会や医療チームがあるので、積極的に参加して下さい。

当院で3年の後期研修終了後は総合内科や救急医への道に進むのもよいですし、あるいは3年間の研修をベースにして広い視野を持った各専門医の道に進むのも良いと思います。将来の専門科を決めているが、その前に総合診療や救急をより深く勉強したい後期研修医も当科には複数おり、そのような先生の受け入れも大歓迎です。新専門医制度になって早く専門医資格を取りたい医師が増えていますが、医師としてのしっかりしたベースを当科で作っていくのも良いのではないでしょうか。当科は総合診療一筋の医師だけでなく、サブスペシャリティーを持った総合診療医が集まる科を目指しています。

救急部門

後期研修終了後の採用希望者へ

後期研修終了後フェローとして、当科でも採用可能です。採用枠に関しては、ER総合診療医としての枠だけでなく、総合診療業務をしない救急初療専従医としての枠もあります。外傷中心にやってこられた先生でERを経験してみたい先生、より多数の症例を経験したいERの先生、当科の総合診療医と一緒に仕事をすることで得られるメリットも多いと思います。興味のある先生は是非見学に来て下さい。

特に若手医師を教えることが好きな先生、大歓迎です!!